「原発をつくった私が、原発に反対する理由」

インフルエンザにかかり、久しぶりにたくさん本が読めるぞ!というわけで、私の本棚を眺めると、なんとまあ自然科学とこどもの本ばかり並んでるコト!と我ながらあきれてしまいました。(笑)たまには違う分野の本でもと、高校時代に読んだ純文学を読み返したいと思っても、はるか昔に処分されてしまったし、結局本棚から抜き取ったのは、星野道夫「イニュニック」と串田孫一「山のパンセ」、日高敏隆「ぼくにとっての学校」それに、菊池洋一さんご本人から頂いた「原発をつくった私が、原発に反対する理由」でした。
最近のニュースでは活断層の話題でもちきりですが、この本を読めばそんなことは論外で、原発を作った技術者が欠陥品だと言っているのですから、原発の稼働は出来るだけ早く辞めなくていけません。原子炉は、「配管のおばけ」でほとんどの配管は宙づりになっていてその溶接は全て手作業、「溶接が終わったら狭すぎて自分が外に出られなくなった。しょうがないから溶接した部分を切断して出てきた。」そんな話もあるくらい熟練した溶接工も不安を覚える作業、度重なる設計変更によるミス、溶接部分をすり替えて国の検査をクリア、なんとも恐ろしい話です。GEの社員として7年間福島と東海原発の設計と現場をつぶさに見てきた事実が詳しく書かれた本です。私たちはまだ福島原発の問題も解決していないのに、それを忘れてはならないと改めて思いました。


b0135573_2033659.jpg


by mmerian | 2013-02-23 21:18 | 書籍 | Comments(2)
Commented by takeda masayo at 2013-02-27 09:18 x
こんにちは、たくさんのお宝羨ましく拝見させていただきました。
私の住むところに原発の技術者だった方が移住してこられています。
福島ができるときにこんな欠陥品と言うことで退職。今は農業をされているんですよ。都会が攻めてこない田舎でひっそりご夫婦仲良く暮らしていらっしゃいます。
私たちはとんでもないものを作ってしまったようですね。
Commented by mmerian at 2013-02-28 08:33
takedaさん
原発にかかわった人で反原発運動をしている人は多いですね。
どうにか稼働が見直されてばいいと思っています。
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31