庵川東入り江へ

宮崎県重要生息地「庵川東入り江」へ行きました。コアマモ、アマモ、トサウミヒルモの緑の絨毯は希少生物の宝庫。大きなタイラギやハボウキガイがあちこちに突き刺さっているたので持ち帰り、茹でて貝柱を食べてみたけれど、小さすぎるのでお勧めできません。打ちあがったアマモを食べる微小貝ヤマトクビキレガイ、古生代に繁栄した生きた化石、カサシャミセンにも出会えました。
案内して下さった宮崎大学名誉教授の三浦先生の話の中の「洪水・天災は天恵・天与。千年の繁栄のためには防災は100年くらいかえていいのでは?」という田中正威造さんの言葉、胸に響きます。
近所の漁師のおじさんが、埋め立てて側に運動公園を作せいで砂が1~2メートル堆積して、ハマグリが全然取れなくなったと嘆いていました。これまで見たことのないタコクラゲやエイが出現し近年環境は著しく変化しているようです。重要生息地の指定で、藻場の消失が九州ワースト1の宮崎県民の意識が変わればいいなと思います。


コアマモの林の中から・・・

b0135573_2150467.jpg


でたぞ!ハボウキガイ

b0135573_21503227.jpg

タイラギ

b0135573_21502146.jpg


打ち上げアマモの下には・・

ヤマトクビキレガイ

b0135573_2150334.jpg


大きな岩の下にいる

カサシャミセン

b0135573_21493913.jpg


タイワンカザミ

b0135573_21492618.jpg


by mmerian | 2017-08-22 21:54 | 調査会 | Comments(2)
Commented by at 2017-08-24 16:58 x
わぁ、みんなかっこいいね(^^♪
Commented by mmerian at 2017-08-25 22:23
春さん、いっぱい突き刺さっていましたよ!(^^)!
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー