カテゴリ:自然体験( 16 )


めぐりぼう

宮崎県立博物館の民家祭りのお手伝いで、生まれて初めてめぐりぼうを体験しました。
上手く叩けましたつもり?ですが、慣れた手付きのHさんのような心地よい音では叩けません。
古き良き時代の民具は、展示物にしてしまうには勿体ないほど、先人の知恵が籠もっています。
今でも十分に利用できるのもの少なくありません。
それは、実際に使用してみると、実感できることです。
めぐりぼうを振ると、田舎のおばあちゃんが筵を広げ、大豆をいなす姿を思いだせる。
そんな私は、まだ幸せな時代に生まれてきたようです。


b0135573_22391398.jpg
b0135573_22404888.jpg

なわないき(縄をなえる機械)も回しました。

b0135573_2241749.jpg


by mmerian | 2011-11-19 23:01 | 自然体験 | Comments(2)

くらやみ探検隊

今年も、木城えほんの郷で行われた「くらやみ探検隊」に参加しました
もう何度も参加しているので、すっかり常連さんになりました

b0135573_22262058.jpg


まずは皆で夕食の準備に取り掛かります
竹を切り 箸を削り 斧でマキ割り
「ん~~抜けないよう~!」
b0135573_22264934.jpg


石を集めてかまど作り
落ち葉や杉の葉、薪を拾います
b0135573_2227656.jpg

「マッチで火をつけようね~」
初体験の子どもはドキドキしています
b0135573_2227226.jpg

竹の中身は炊き込みご飯
竹から水分が出てシューシューと音を立てます
b0135573_22274432.jpg

まだかなまだかな・・・・
b0135573_222815.jpg

地産の恵みをたっぷり頂いて

たき火で温まった後いざ森の中へ出発!
b0135573_22281979.jpg

月夜の晩は森が銀色に輝いて明るいのだけれど

今年は月が雲に隠れていて森は真っ暗

星明りだけが頼り

すぐ前には人がいるのだけれどよく見えない

猪の掘った穴に落ちないよう

木の枝にひっかからないよう

木影を頼りに

途中道に迷いながらもなんとか歩いて

なにせ道はなく藪を歩くのだから

いつもは使わない感覚を研ぎ澄まさないといけません

こんなにたくさんの星があるなんて

口を閉じて森の声を聞きながら

森の住人になったような気持ち


b0135573_22285081.jpg

探検のあとはおはなし会とかっぽ酒

子どもも大人も饒舌に語ります

そして朝の光!
b0135573_22334614.jpg
b0135573_22344018.jpg

来年は何に出会えるか・・・・

今日の一蟲
一目ぼれしたおしゃれな蓑虫さん
b0135573_22351847.jpg


by mmerian | 2010-02-07 23:52 | 自然体験 | Comments(2)

棚田へ社会見学

今日は息子KY(5年生)の通う小学校の社会見学で、棚田に行きました。田植え、稲刈りに続く田圃のお勉強です。田んぼオタクの私は、先生に頼み特別参加しました。
子どもたちのバスを追いかけろ~♪
b0135573_19515775.jpg

日南市酒谷の棚田は、昭和初期に当時としてはモダンな直線の棚田として作られました。以前棚田サミットが開催され、現在はオーナー制度やいろいろな地域活性の取り組みが行われて、地元特産品を売る道の駅を中心に活力のある地域です。
b0135573_19522083.jpg

参加した農政課の課長さんにサインをねだるこどもたち
課長さん「俺のサインなんかもらってどうするんよ~」(・・と言いながら、嬉しそう!笑)
後ろの方でも、誰かこどもたちにつかまっているような・・・037.gif
b0135573_19525937.jpg


棚田の風景より~♪

赤く色づいたピラカンサの実
b0135573_19531446.jpg

キバラヘリカメムシの幼虫
b0135573_19535246.jpg

ヨコズナサシガメの幼虫は大集団
b0135573_1954773.jpg

カボチャハウスのスズメバチたち
b0135573_19542210.jpg

イチモンジくんみぃつけた!
b0135573_2017944.jpg


b0135573_20175012.jpg

子どもたちが帰った後に金色の棚田を散策していたら、見知らぬ地元の人たちから「お昼食べていかんねぇ」とおよばれしてしまいました。うふふ、ラッキー!棚田米は美味しい!
b0135573_20181687.jpg

ところで、この葉っぱの木を見て先生も生徒もなんと叫んだでしょうか?037.gif

b0135573_1954369.jpg

ヒント・・・・渋かな?甘かな?

by mmerian | 2009-10-09 20:37 | 自然体験 | Comments(6)

今森光彦さんの「里山むしむし合宿」

宮崎県児湯郡木城町で、3回目の「今森光彦さんの里山むしむし合宿」がありました
照葉樹の森に囲まれた静かな里山の中で、虫を捕ったり、川で泳いだり、ゆったりのんびり里山の風景に溶け込んだ時間を過ごしました
むしから学ぶ命の営み・・・
それはゆるやかな時間の中で誰かに教わるでもなく五感で感じるものです
小さな昆虫を相手にいろいろな表情を見せる子どもたちの姿が愛おしくてたまりませんでした

b0135573_231565.jpg


b0135573_233543.jpg


b0135573_2342185.jpg


b0135573_2312354.jpg


b0135573_23124849.jpg


b0135573_2314337.jpg


b0135573_23145347.jpg


b0135573_231586.jpg


b0135573_23155442.jpg


b0135573_23172342.jpg


b0135573_2318679.jpg


b0135573_23183071.jpg


b0135573_23185357.jpg


b0135573_23201157.jpg


b0135573_23204449.jpg


by mmerian | 2009-08-18 23:46 | 自然体験 | Comments(4)

稲刈り

今日はKYの小学校の登校日
原爆記念日に合わせて、集会では命の尊さを学びます
その後5年生は、JAの人たちと稲刈りです
10才ひとり旅に出たKYの代わりに母がお手伝いに参加しました

出発前に校内散歩で・・・

桜の木とクマゼミ
b0135573_12434312.jpg

イシガケチョウの食樹 イヌビワの実
b0135573_12443572.jpg

いちじくのように美味しい実だから昔の子どもたちのおやつだったイヌビワの実
今の子どもたちは誰も食べません
b0135573_12445450.jpg

クロマダラソテツシジミも発生しています
黒斑のブルーってこんなに光っていたっけ?
b0135573_12452074.jpg

クスノキの脇芽にいたアオスジアゲハ幼虫
b0135573_12454219.jpg


さてさて、稲刈り!!稲刈り!!
子どもたちは金色の穂を慣れない手で鎌を持ち、丁寧に刈り取っていゆきます
刈り取った後は、先生の素敵なお話
小さな稲が立派に実ったことの喜び、感謝をみんなで考えます
このもち米は乾燥させて12月にお餅つきをします
b0135573_12475134.jpg
b0135573_12493553.jpg

今回も雨の予報が外れ、いいお天気
晴れ乙女効果抜群で、汗が噴き出ます004.gif

稲刈りが終わり学校に戻ったら
アオスジアゲハの幼虫が・・・・
b0135573_12502035.jpg

脱皮して変身~!していました
b0135573_12504314.jpg

夏がどんどん過ぎてゆきます・・・

by mmerian | 2009-08-06 13:26 | 自然体験 | Comments(4)

今森光彦さんの「全国こども昆虫キャンプ」

滋賀県高島市マキノ町で行われた「全国こども昆虫キャンプ」に参加してきました
大人も子供も雑木林に入り、夢中になって昆虫採集をします
b0135573_1534144.jpg

これは「やまおやじの木」
シイタケのほだ木を採るために切られた部分がこのように空洞になって
様々な生きものたちの暮らす場所になっています
カブト・クワガタもいるので子どもたちは必至で覗きこみます
b0135573_15345862.jpg


b0135573_15355599.jpg

今森さんは、昆虫採集は日本に伝わる「遊びの文化」だと言われます
昆虫採集をすると、環境を学ぶことができるそうです
世界の自然環境と、人々の暮らしを撮り続けてきた今森さんには
このキャンプを通して子どもたちに伝えたい深い想いがあるようです
今森さんの周りはいつも子供たちが取り巻いています
子どもたちの質問ひとつひとつに丁寧に対応されます
b0135573_15361497.jpg


このキャンプの醍醐味は昆虫標本作りです
その昔、夏休みの宿題に昆虫か植物標本作りが奨励されたり必須の時代がありました
ところが今は、昆虫標本を出すと、友だちに馬鹿にされたり、先生に評価されないこともあるそうのだです
標本作りは善か?悪か?
夜の大人の交流会では、そのことについての大討論会もありました
皆さんはどう思われますか・・・?

昆虫キャンプで真剣に標本作りをする子供たち
b0135573_15364653.jpg


b0135573_1537716.jpg


標本つくりは良いことか?いけないことか?

勿論、ひとりひとり考え方は違うので結論は出ません
でも、私は今森さんと同じく賛成派です
なにも触らずには、すべてを正しく理解することはできないと思っています
b0135573_15373890.jpg
b0135573_15381892.jpg


去年、mmerianは「こどもに負けない大人の標本箱」を作りましたが
今年はなんと!「大人に負けないこどもの標本箱」を作製している子どもがいました
うふふ・・嬉しかったなぁ・・・043.gif
b0135573_15383430.jpg


今年のmmerianの作品は・・・
「マキノのたからもの」です!001.gif
階段で拾った死んだ昆虫や虫の仕業がある葉っぱも入れました・・・(^^)
b0135573_15405845.jpg


雑木林の生き物たち・・・
b0135573_15413419.jpg
b0135573_15414791.jpg


このひこばえが数年でまた美しい雑木林を作ります

b0135573_15443667.jpg


b0135573_15445837.jpg


b0135573_15454232.jpg

この美しい雑木林がいつまでも守られますように・・・
私たち大人が、子どもに本物を伝えるための昆虫キャンプ
今年で7年目になり、小学生からずっと参加している高校生もいます
これからもますます充実した昆虫キャンプに成長してほしいものです
b0135573_15464030.jpg

さて、お次は宮崎だ~~!047.gif

by mmerian | 2009-07-28 18:18 | 自然体験 | Comments(6)

まるごと自然観察会

子どもゆめ基金助成事業「まるごと自然観察会」(にちなん文化の広場主崔)

昆虫写真家・新開孝さんを講師にお招きして虫の観察会を開催しました

20組の家族参加があり、2時間で75種の昆虫を観察することができました

b0135573_20334878.jpg


最初は新開さんの絵本「うんちレストラン」の読み聞かせからスタート

その後、ゆっくりじっくり親子で虫捜しをしました

b0135573_2034918.jpg


ミツギリゾウムシ
b0135573_20361525.jpg

エンマムシ
b0135573_20364533.jpg


新開さんは、卵~成虫までの生態を熟知していらっしゃるので、ただ虫の名前を教えるだけでなく

その虫が今何をしようとしてるのかを子供たちにお話ししてくれます

その話を聞くと子供たちの視線が生き生きと輝き始めます

お父さんやお母さんもこども時代に返ったように楽しそう!




ヨツスジハナカミキリの産卵
丁寧に産卵場所を捜し回ります
b0135573_20372571.jpg


b0135573_2037515.jpg


お気に入りの場所を見つけました
柔らかい場所がいいようです
b0135573_2038946.jpg


b0135573_20382754.jpg


b0135573_20391368.jpg



ヤクシマトゲオトンボ
b0135573_20401712.jpg


コケ博士も参加したので・・・
ハリガネゴケの1種
b0135573_20403265.jpg

こんなふうに自然に虫と会話する子どもたちの姿を見ると

こんな機会をたくさんの子どもたちにもっともっと届けてあげたいと思います

そのためには、もっと勉強しなくちゃね!
b0135573_20404733.jpg
b0135573_20474571.jpg


by mmerian | 2009-06-13 21:36 | 自然体験 | Comments(2)

博物館講座・のぼりこ漁体験

日南市酒谷川で行われた体験教室に息子KYと参加しました
家から徒歩で15分のこの川では、昔から伝わるのぼりこ魚が毎年行われています
こんな風に朝網を仕掛けて夕方引き上げます
b0135573_19171017.jpg

最初は昨日仕掛けた竹籠を引き上げます
中にはダグマエビやウナギ、カニがいっぱい
子どもたちの歓声が上がります
b0135573_19321921.jpg


ウナギつかみは難しいよ~!003.gif
b0135573_19324134.jpg


その後、川に入り生き物捜し
ヘビトンボの幼虫や川エビ、カニ、ヤゴ、ゴクラクハゼやボウズハゼ
大人も子供の川がきに変身!

ウルマーシマトビゲラの蛹は緑色
b0135573_19332130.jpg


サナエで~す
b0135573_19333946.jpg


b0135573_1934275.jpg


ヤンマで~す ぽよ~ん
037.gif
b0135573_19342231.jpg


お昼は持参したお弁当と、
画像はありませんが、のぼりこ汁にのぼりこのテンプラ、のぼりこ佃煮
001.gif



最後に網を引き揚げて獲った魚はお持ち帰り
b0135573_1935613.jpg


川はいつも私たちのすぐ側にあるのに
生活からどんどん遠ざかっています
教室なんかに行かなくても
川はいつも私たちを呼んでいる・・
もっと大切にしなくっちゃね!
b0135573_1935252.jpg


by mmerian | 2009-05-16 20:03 | 自然体験 | Comments(7)

くらやみ探検

木城えほんの郷で行われた、くらやみ探検に参加しました。

くらやみを歩く。そして、火に出会う・・・・。

暗黒の暗闇の中、人々は想像力を膨らませながら暮らし、やがて光を獲得しました。

140年前に初めて火を焚いた猿人の感じていたくらやみは、どんなものだったのでしょうか。

自然の中で五感をとぎすます原初的な時間を、私たちが遠ざけてしまったのはなぜでしょうか。

b0135573_2072841.jpg


火の種つくり
b0135573_207583.jpg


竹を切り、箸作ったり、夕食の準備
かっぽ飯
b0135573_208195.jpg



森の中を明かりを持たず散策した後は、
燃える火を囲み、みんなでおはなし会
b0135573_2084345.jpg



そして朝、光のお散歩~

子どもたちは、里山の風景の中に溶け込んで延々と遊びます
b0135573_209869.jpg



「だるまさん・が・ころんだ!」
b0135573_2093691.jpg



見つけた越冬中のむし達の姿は・・・

赤いハムシ?
b0135573_20101394.jpg


みょうがの葉に隠れていた エキサモンツノカメムシ
b0135573_20104261.jpg


ツマグロキチョウ
b0135573_2011691.jpg


やっぱり可愛いゴマダラくん
b0135573_20113721.jpg


by mmerian | 2009-02-08 20:45 | 自然体験 | Comments(14)

博物画を描こう


コスモス揺れる里山の秋
木城えほんの郷で、自然繊細画家の松岡達英さんの「博物画を描こう」ワークショップが催されました。

b0135573_19345971.jpg


松岡達英さんは、世界中の広大な自然観察の旅をしながら、多数の自然科学絵本を描いていらっしゃいます。今日は、その松岡さんを講師に自然画教室です。

b0135573_19351546.jpg





b0135573_19353250.jpg





まずは、自然散策から
自分の描きたいものを捜しに出かけました

ゲンノショウコの花
b0135573_19364574.jpg




羽化したばかりで柔らかな翅の イシガケチョウ
b0135573_1937385.jpg



昼間飛ぶ蛾 キハダカノコ
b0135573_19372349.jpg



赤トンボを捕食中のオニヤンマ
b0135573_19374514.jpg





持ち帰った植物や昆虫は まずエンピツで線描きしてから色を塗ります。
b0135573_19382088.jpg




むしむしキャンプにも参加していたN君が見つけたゴマダラチョウの幼虫
b0135573_19384015.jpg



松岡さんの ラフスケッチです
b0135573_19385857.jpg



描きたい昆虫が逃げないように こんな工夫も!037.gif
b0135573_19391274.jpg


自然を描くことは、地球の不思議を楽しむこと・知ること
観察することで広がる洞察力
穏やかな秋の一日でした



コブシの実  
b0135573_19392877.jpg

                                      (mmerian作)

by mmerian | 2008-09-14 20:21 | 自然体験 | Comments(8)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31