カテゴリ:講演会( 23 )


新開孝さん講演会「虫のしわざ」

昆虫写真家・新開孝さんの講演会「虫のしわざ」
11月12日(土曜日)午後1時より、宮崎県総合博物館2F研修室にて開催します。
お近くの方、聞きに来られませんか?誰でも無料で参加出来ます。
文一の「虫のしわざハンドブック」は凄い本!新開さんのお話がすごく楽しみです。
お気軽にどうぞ!かもん~!
(主催:宮崎昆虫調査研究会  講演:博物館友の会)



b0135573_21335479.jpg


by mmerian | 2016-11-10 21:40 | 講演会 | Comments(0)

山口進さん講演会

今日は山口進さんの講演会「ばななのふしぎ かぶとむしのふしぎ」を開催しました。嬉しい事に、たくさんの親子が集まりました。いつも何かを見て「ふ~ん」で終わるのではなく「!」「?」を感じることは大事。世界中を旅して来られた山口さんのお話は、前向きで未来に希望を持てるお話しばかりでした。私も、子どもらに悲観的ではなくて、明るい未来の希望を語る大人であり続けたいと強く思いました。はるばると遠路から来て下さって本当にありがとうございました。

b0135573_21173492.jpg

凄すぎる~バナナンの世界!!
b0135573_21175393.jpg


 このバナナを見て、卵の詰まったヤママユのお腹を連想したのは、私だけかも。(笑)
 どちらも、次世代へ未来を繋いでイキテイル!
b0135573_21181148.jpg


by mmerian | 2016-10-30 21:23 | 講演会 | Comments(2)

山口進さん講演会

山口進さんの講演会

ジャポニカ学習帳で30年に渡り、花や昆虫の表紙写真を撮り続けてきたカメラマン山口進さんのおはなし会
「バナナのふしぎ カブトムシのふしぎ」を催します。
身近な果物や、子どもたちの好きな昆虫のお話しを聞きに来ませんか?

日時 2016年10月30日(日曜日)午後1時半~3時
会場 子どもの家幼稚園(日南市飫肥)
参加費 300円
問い合わせ 0987-25-0164(子どもの家幼稚園)

b0135573_2237624.jpg


by mmerian | 2016-10-13 22:42 | 講演会 | Comments(0)

お話会「ぞうの森とポテトチップス」

明日(10月24日)は、日南市立大堂津小学校音楽室で、ボルネオの熱帯雨林や西表島の自然を中心に撮影されている横浜在住の写真家・横塚眞己人さんをお招きして、お話会「ぞうの森とポテトチップス」を開催します。時間は、5~7時です。入場無料ですので、お気軽にお越しください。こどもたち、大歓迎です!!

b0135573_8191317.jpg


by mmerian | 2014-10-23 08:22 | 講演会 | Comments(2)

にちなん自然大学講座「海の扉」

明日(1月18日)は、にちなん自然大学第5回「海の扉」を開催いたします。
講師は、宮崎の海の写真家・新地昭彦氏です。
日南海岸の海の生きものたちの写真を見ながら、生き物の不思議や環境問題を考えます。
どなたでも参加できますので、興味のある方は「まなびピア」にお越しください!

b0135573_23481115.jpg


海岸線では、カンヒザクラが咲き始めました。016.gif

b0135573_23504239.jpg


by mmerian | 2013-01-17 23:57 | 講演会 | Comments(4)

にちなん自然大学講座「大地の扉」

今日は、第4回にちなん自然大学講座「しぜんへの扉」を開催します。
講師は、宮崎県博物館学芸員地質担当の赤崎広志先生です。
宮崎の大地の歴史や、県南部の地質散歩、日南海岸の美しさの秘密などなど、宮崎県南部を中心に、地質と化石が語る大地の営みについて学びます。
飛び入り参加、大歓迎!皆さま、是非お越しください。

b0135573_15374274.jpg



実は、最近、地質おたくになりかけてます・・・。023.gif

by mmerian | 2012-12-14 15:49 | 講演会 | Comments(2)

にちなん自然大学講座「昆虫の扉」

明日(11月16日金曜日午後7~9時)、日南市油津まなびピアにて
にちなん自然大学講座第3回「昆虫の扉」を開催いたします。
講師は、宮崎昆虫調査研究会会長の岩崎郁雄先生で、温帯と熱帯が交差する日南の不思議な虫の世界について講演していただきます。小・中・高・大学生から大人まで共に学ぶこの自然大学は、どなたでも自由に参加できます。興味のある方は、まなびピアに是非いらして下さい。

b0135573_23334295.jpg


by mmerian | 2012-11-15 23:44 | 講演会 | Comments(0)

漂流物のおはなし会

今日は、博物館で漂流物のお話をしてきました。
遠方より来られた方が多くて、恐縮しました。
熱心なのは、女性より男性かもしれない、と感じました。
拙い話を聞きに来て下さった方々、ありがとうございました。

b0135573_19572429.jpg


by mmerian | 2012-09-23 20:00 | 講演会 | Comments(10)

図書館の可能性

日南市飫肥の小村記念館で、貸し出し冊数日本一の能登川図書館、元館長の才津原哲弘さんをお招きして「図書館の可能性」シンポジウムが開催されました。

あなたにとって理想の図書館とは?
静かできれいで日当たりが良くて
初夏には風が入ってきて夏は涼しくて冬は暖かくて
椅子がゆったりと座りり心地良くて
人があまりいなくて
だけど本がどんどん入れ替わって
自分の好みの本がたくさんあって本がきれいで
ビデオやDVD,CDもたくさんあって
家から近くて
9時から9時まで開いていて
年中無休でなくてもよいけれどお休みが少なくて
貸出返却は自動化されて
専門書が多くて
買えない高価な本がたくさんあって
一度にたくさん借りられる
アメリカのどこかの図書館のようにドーナツと飲み物をくれないけれど、無農薬コーヒーが飲める。
年寄りがぼぉっと出来るスペースがあって
障害者が働いていて、
子どもたちがしゃべってもよいスペースがあり
誰にも見えない死角スペースでひとり本が読める。
コンサートが開ける
専任司書が充実していてひとりひとりの好みの本を見つけてくれる
郷土資料はなんでも揃っていて
博物館が併設されている。
移動図書館は、病気の人の為に軒下まで本を届ける。
貸出禁止の本がない。

さて、これを実現している理想の図書館は存在するのでしょうか?
ちゃんとあるんですよ!
図書館はそこに棲む人々の想いで築くもの。
図書館の可能性は、無限大なのです。


写真データ整理中NO.11「不思議の国のアリス」
今年こそ円盤幼虫を捜しあてたいです。
アリスアブ(アリノスアブ)
b0135573_22334561.jpg


by mmerian | 2012-02-18 23:04 | 講演会 | Comments(6)

環境を守るために出来ること。

日南市環境講座の講師は、とっても元気な甲虫屋Sさん。
環境保全の基本理念を具体例をあげながら丁寧に教えていただきました。
・日本の物質フローの概観で残るゴミは6億2千万トン。
・生態系ピラミッドのアンブレラ頂点にいるイヌワシの棲息必須面積は1万~1万4千ha.
・エッジ効果と道路建設による生息地の島状下問題。
・ベーリング海のセントマシュー島のトナカイの数が22年間に、29頭→1350頭→8000頭→ 42頭と変化したのは、餌のトナカイゴケの影響。
・温帯と熱帯の窒素含有量比べ。
・エネルギー流を考えると森林を減らすと生き物の数は減る。
・投入エネルギーと獲得エネルギーを比べると本当の生産性が解る。
・「牛丼1杯に使われる水の量は約9トン」
経済は自然なしではあり得るか?自然は経済なしではありえるか?
自然を守ることは生態系を守ること。
自然は解らないことだらけ。とりあえず解らない時は何もしないことが大切。
環境を守る為にしなければならないことは他にたくさんあります。
学ぶ場所は足もと!
Sさん達は宮崎市の全小学4年生対象に環境保全の授業を2時間行っているそうです。
こんな授業を受けれるなんて宮崎の未来は明るい!そんなことを感じた1日でした。


今日の一蟲。
庭のアサギマダラ、3齢になりました。
b0135573_2334694.jpg

ツノがぴんっと生えた!004.gif
b0135573_2342359.jpg


by mmerian | 2012-01-20 23:38 | 講演会 | Comments(6)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー