カテゴリ:季節( 81 )


スミレの花

鹿児島のF先生よりいくつか文献が届きました。一度しかお会いしたことがないのに、調べている蝶の文献をたくさん送って下さったり、いつもお気遣いいただき感謝の気持ちでいっぱいです。内容を読むと、F先生の蝶の対する情熱と好奇心が溢れ出ていて、研究する喜びを感じてドキドキします。私も頑張ろう!とそんな気持ちになります。
優れた研究者は些細なことにも目を向け、人との繋がりを大切に、尋ねたことはきちんとすぐに回答して下さり細やかな配慮をなさいます。私もF先生の姿勢をあやかり、好奇心で満たされた心と情熱を持ち、疑問に思うことは追及し、人との繋がりを大切にしよう思っています。一日一日を大切に。

2~3月の林道はスミレの花がいっぱい。
お気に入りの林でしゃがみこんで眺めました。
b0135573_741324.jpg
b0135573_742649.jpg


by mmerian | 2013-03-15 07:33 | 季節 | Comments(0)

新米

今年も、新米を頂く季節がやってきました。
いつものように、塩おにぎりを作ります。
おかずなんて要らない!
お米の本物の美味しさを知る大切な日です。

b0135573_1054885.jpg

今年は、海の水を汲んでミカン畑の中で釜炊きして作る塩で握りました。
柔らかくて、甘い塩です。



b0135573_10541642.jpg


土と海と自然の恵みに感謝!
食卓には、田んぼの雑草を飾っています。
カヤツリ科の愛らしい花がもう咲き始めていますよ。001.gif


b0135573_10544171.jpg


by mmerian | 2012-08-08 11:11 | 季節 | Comments(8)

GWの過ごし方

子どもたちが小さい頃のGWの過ごし方は、海、山、川へ1回ずつ行くことでしたが、すっかり大きくなって、母には付き合ってくれなくなりました。それで、GWはボランティアを始めました。
5/4は、久しぶりに小さい子どもたちとフィールドに出ましたが、「おばちゃん、こっち見に来てよ。」「今度はあっち。」と走り回る子どもたちについていくのがやっとでした。子どもと向き合うには、体力・気力がもっと必要だと反省しました。
虫とりの上手なちいさな女の子が、捕まえたベニシジミを潰れないように、優しく掌の中に入れた時の表情がとても愛らしかったです。お父さんは、「かわいそうだから早く逃がしなさい。」といいましたが、小さな命を掌で感じる時間は宝物のように思えました。子どもたちの感性は羨ましいほどキラキラ輝いています。久しぶりに子どもの世界へ入り込めて嬉しかったです。

b0135573_20504686.jpg

5/5は、県立博物館主催「よろいかぶとを着よう」のお手伝いをしました。今年もたくさんの申し込みがあり、1歳児からお父さん、おじいちゃんまで、よろいかぶとを着て家族写真を撮影をしました。「子どもの日」らしく、子や孫を大切に思う気持ちが伝わって、会場にいた皆さんはにこにこ笑い顔でした。家族は一番の宝物ですね!

b0135573_20513174.jpg

稚児鎧兜
b0135573_20514859.jpg

よろいかぶと文様は、古くから伝承されていると学芸の先生から教えていただきました。
草花だと思うのですが、なんの花でしょう?
b0135573_2052312.jpg


連休最後の今日は、お山へドライブ。
途中でJAFのお兄さんが車を救助していた待ち時間に、三つ揃え蛹を見つけました。
卵から一緒だろうけれど、なぜ同じ場所で蛹になったのでしょうね。
一緒に羽化しようと約束しているのかな?037.gif

ヤナギハムシの蛹
b0135573_20523860.jpg


最後の一枚は、おまけで。037.gif

b0135573_205419.jpg



めぇ~~。

by mmerian | 2012-05-06 21:49 | 季節 | Comments(8)

雛人形

日南市飫肥の商店街では春になると、各店で雛人形が飾られます。
それを聞いてわざわざ寄贈して下さる方もいるそうで、数が増えているのだとか。
雛人形は、女性にとって永遠の宝物。生命を与えられた喜びに満ちた存在。

b0135573_20414399.jpg


b0135573_2043449.jpg


b0135573_20433857.jpg

米粒の大きさ。青島雛。
b0135573_20441392.jpg

昭和元年作。
b0135573_2044437.jpg


我が家でも、地元のおばちゃんが作ったお雛様を飾っています。

b0135573_2045264.jpg


b0135573_20455087.jpg


by mmerian | 2012-02-28 20:59 | 季節 | Comments(6)

今年の冬

今年の冬は寒さが長く続かないので、落葉樹が今になって葉を落としています。
我が家のモミジはなんと今、紅葉を迎えています。
毎年枯れる筈の草本も青々としていて、あと1カ月で梅の花が咲くのかと思うと、今年の冬は短いかもしれません。
庭のレンゲ畑のカエル君、悠々自適生活中!
b0135573_2043534.jpg

今日はどこにも出かけなかったので、
頂いたシダーローズにニスを塗りブローチを作りました。

b0135573_2044954.jpg

それに、玉手箱も作りました。
誰に届けようかな?037.gif

b0135573_20442243.jpg


by mmerian | 2012-01-03 21:02 | 季節 | Comments(6)

キジ鍋

夕べは、ぐりさんに誘われて森の宴に出かけてきました。
宴のメニューは、囲炉裏で焼く手作りホルモン、獲れたてのキジ鍋、
鹿肉を醤油で一晩炊いたもの、鹿刺身、カニマキ汁、川で釣リ上げた鯉の刺身
獲れたてのダイコン、椎茸の竜田揚げ、など。
森の収穫物を皆で分けあって食べると、頂いた命が血肉となって皆の生命の中に宿り「生きている」ことを一緒に共有できるんです。
体の中から熱い何かがこみ上げてきて、力が湧いてくる、そんな感覚に陥る。
人はこんな風にずっと命を繋いできたのだから、森の宴は誰もが、ほんものの人間に蘇ります。
命の見える食事って、本当に必要だと思います。食は一番大事。

キジ鍋
b0135573_22132291.jpg



寒くなってきて、動く気配のないイナゴたち。
1か所にまとまって数匹群れるのは、仲間といるほうが楽しいから?001.gif
ちょいとニヒルなお兄さん、教えて!?

b0135573_2214855.jpg


b0135573_22145545.jpg


b0135573_221593.jpg


追伸~今度は雉の羽根を下さい~。037.gif

by mmerian | 2011-11-26 22:55 | 季節 | Comments(8)

ぎんなん拾い

お昼過ぎ。
息子から、「お母さん、体育着を忘れたから持ってきて!」と電話あり。
全くもうっ。何度目だー!022.gif

でも、帰り道、大粒のぎんなんをたくさん拾えて嬉しくなりました。001.gif

b0135573_22572411.jpg

ついでに、この子も拾いました~♪

b0135573_22574611.jpg


by mmerian | 2011-09-26 23:02 | 季節 | Comments(0)

お盆

お盆になると、祖母や父母から聞かされた、赤トンボの話を思い出します。
おしゅろ様が背中に乗って、神様があの世から現生に戻って来るのだから、殺生してはいけないと。
夕焼け小焼けの赤トンボの背中をじっと見つめて、おしゅろ様を捜したっけ。
その頃は多分、ベニトンボはいなかったでしょうね。

b0135573_22175271.jpg


お線香を燃やすと、灰から浮かび上がる
「南無阿弥陀仏」の文字も時代の流れか・・。

b0135573_22193452.jpg


by mmerian | 2011-08-13 22:40 | 季節 | Comments(0)

時の流れ

時の流れるのは早いものですが・・・東日本大震災から早2ヶ月ちょっと。
あれから義援金箱が置いてあったら、必ず募金(ほぼ毎日)をしています。
継続は力なり。
復興までの道のり、まだまだ支援が必要です。
日々の小さな努力、あなたも続けてみませんか?

b0135573_2228419.jpg

森にでかけたら、

いつのまにか季節が春から初夏へと変化していました。

虫数も増え、チョウが乱舞。

b0135573_22283444.jpg


b0135573_2228564.jpg

今日は、久しぶりにアオスジアゲハの10頭集団吸水やアサギマダラを見かけました。

季節の変化は森に出かけると一目で理解できる、と思いました。

b0135573_2229187.jpg


b0135573_22295293.jpg


b0135573_22311719.jpg


b0135573_22323467.jpg


楽しい季節、到来していますよ~043.gif

出かけなきゃ損です!

by mmerian | 2011-05-18 22:50 | 季節 | Comments(6)

ワラビ野

ワラビ野で 夢中になってワラビを採っていると、
可愛いアマドコロの花がたくさん咲いているのが目に入りました。
ワラビは採られてしまうけれど、アマドコロに気がつく人はいません。
持って帰ろうか、と思いましたが、優しい花なので愛でるだけほうがよさそうです。
b0135573_21343717.jpg

ミツバチがもぐりにやって来ました。
b0135573_2135779.jpg

倒れたグミの花とアゲハ。
b0135573_21352527.jpg

と、ここまで、ずっと地面を見ていたので気が付きませんでしたが、上を見上げると、数本のアキグミの花が満開の時を迎え、花に小さな虫たちが群がっていました。
b0135573_21354636.jpg

アシナガコガネ
b0135573_2136968.jpg

シギゾウムシsp
b0135573_21363926.jpg

ダイミョウセセリ初見。
b0135573_2137421.jpg

ワラビに夢中になりすぎて、それまで周りを見ていなかったことに反省。
千眼力の眼になりたい。003.gif

私のお勧めワラビレシピは、「ワラビの甘酢漬け」です。
①ワラビを重層を入れた熱湯で2~3分煮る。
②一晩つけて水につけてアク抜きする。
③適当な長さに切って、リンゴ酢と砂糖、塩に漬ける。

b0135573_21375029.jpg


by mmerian | 2011-04-24 22:02 | 季節 | Comments(4)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31