<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


オオムラサキ観察会


今日は、宮崎昆虫同好会主催のオオムラサキ観察会に息子KYと参加しました。
今年で、5回目の参加です。
集合場所には、こんなに可愛い双子ちゃん。
b0135573_2130192.jpg



行きの風景
KY 「おかあさん~なんだかここ、天空の城みたいだねえ~~。」
b0135573_21304568.jpg


KY 「ここは、みどり湯温泉だねえ~~。」
b0135573_2131595.jpg












さて、観察地に着きましたが、雨が降っています。
オオムラサキの姿はなく、森も暗く沈んでいます。
b0135573_21324384.jpg






しかし、林道を奥に進むとハルニレの木の樹液を吸うオオムラサキが1頭いました。
1年ぶりの再会!!
b0135573_2133489.jpg




会員の方が、なが~いネットを振ると・・・
b0135573_21341327.jpg




流石です!ネットイン!!
写真と記録をとり、放蝶しました。
b0135573_21345196.jpg




b0135573_21355378.jpg






b0135573_21362474.jpg





薄暗い森の中で今日出会えた個体は1頭のみ。
それでも今年も、オオムラサキ南限地での生息確認ができました。


帰り道の風景から~
カワトンボ
b0135573_213771.jpg




おおきなカタツムリ
b0135573_21373894.jpg




ルンルンのKY君。
b0135573_21375793.jpg


by mmerian | 2008-06-29 22:08 | | Comments(4)

雨の林道で

お気に入りの林道の入り口に、紫陽花ロードがあります。
紫陽花・・七変化・・Otakusa・・手鞠花・・刺繍花・・・梅雨の花。
いろんな名前を持っていますが、この花の魅力はやはり七変化する色でしょうか?
最近、紫陽花ロードが増えています。
新聞に、毎年植栽の記事が出ます。
大好きな花ですが・・・・

b0135573_1639843.jpg



山の中に自生する、ヤマアジサイが一番好きです。
崖の上から垂れている様を見上げながら、微笑んでしまいます。
素朴な色彩の中に、本物の美しさがあるような気がします。
b0135573_16395428.jpg




朝から、小雨が降り続きます。
雨のドライブも楽しいのかと林道へ入ると、一瞬雨が止みました。
車を止めて歩いてみると、こんな風景が・・。
b0135573_1640516.jpg






b0135573_164266.jpg





b0135573_16423578.jpg






b0135573_16431652.jpg




顔を思いっきり奥まで突っ込んで蜜を吸います。
b0135573_16434884.jpg




花の外側の水も飲んでいます。
b0135573_16441647.jpg






b0135573_16452750.jpg


雨が降り始めると、また静けさが戻ります。
あたりには誰もいません。
独り占めの風景。

by mmerian | 2008-06-28 17:17 | | Comments(8)

アオスジアゲハの吸水シーン


田圃の緑が広がる風景の傍に咲く百日草。
里山の美しさを引き立てています。
b0135573_1914216.jpg




田舎道では、アオスジアゲハが集団吸水中。

b0135573_19143222.jpg




b0135573_1915155.jpg





ストローを地面に突き立てて無心な姿です。
b0135573_19152594.jpg





しかし、その傍にはアリに襲われたアオスジアゲハが3頭死んでいます。
物凄い数のアリ達・・・!!
死んだ蝶たちは、吸水に夢中で襲われてしまったのでしょう。
それなのに、アオスジアゲハは次々と吸水に訪れます。

長閑な午後の中、息をのむ時間が過ぎます。
b0135573_19155986.jpg






モンキアゲハも集まってきました。
ニイニイゼミも鳴き出した、夏立つ日々。
b0135573_1916236.jpg


by mmerian | 2008-06-27 19:42 | | Comments(8)

ウラナミジャノメ撮影会

きょうは、昆虫写真家の新開孝さんとウラナミジャノメの写真を撮りに行きました。
新開さんは、図鑑や絵本などの写真やビデオ撮影を手掛けていらっしゃる写真家で、昨年春に宮崎に引っ越してこられました。
私は、新開さんのブログ「昆虫工房」を毎日拝見しており、今日お会いできるのを楽しみにしていました。

b0135573_15404459.jpg
b0135573_15423039.jpg



ウラナミジャノメは初めてという新開さん。
ススキ野原のあちらこちらから飛び出してくるウラナミジャノメを撮影されます。
b0135573_15433089.jpg
b0135573_1544289.jpg






はて?これは何でしょうか?
ススキの葉が丸まって中に何かが入っているようです。
b0135573_15451835.jpg





実はこの中でクモが卵を生み育てています。
そして、その卵の中でカマキリモドキの幼虫が育っているのだそうです。
b0135573_15454630.jpg





その他にも、新鮮なゴマダラカミキリ
b0135573_15463973.jpg



キマワリ。
花の上で初めて見ました。
b0135573_1547339.jpg






ウラナミジャノメの吸蜜シーンを撮ろうとしますが、中々花に来てくれません・・・
「あっ!!新開さん、ちょっと動かないでください!!」
b0135573_15473834.jpg




やっと撮れました。
ヒメジョオンで吸蜜のウラナミジャナメ。
でも、短時間ですぐに飛んで行ってしまいます。
b0135573_1548225.jpg





憧れの写真家、新開さんとの撮影会はあっという間の3時間でした。
今日の新開さんのブログで、このことが報告されるのでしょうか?
とっても楽しみです。016.gif

今日の帰り道の風景は、咲き始めた合歓の花。
b0135573_15482293.jpg


by mmerian | 2008-06-26 17:30 | | Comments(4)

クワガタ探検隊

久ぶりの晴天、蒸し暑い夜・・・
KY「おかあさん、バイト(虫採り)に行きたい!!」
MAMA「OK~!」
という訳で、昼間行った林道の上にかかる橋に出かけました。
ここは、皆が知っているクワガタ・カブトムシ採りの穴場
50匹採った記録もあるんですよ~。
b0135573_7124074.jpg

KY「いるかな~~?」
b0135573_7125411.jpg

KY「おかあさん、いた~~!!」
b0135573_713724.jpg




今年はじめてのノコギリクワガタ♂ゲット!
b0135573_7132182.jpg



今夜の収穫は、ノコギリクワガタ♂、コクワガタ♂、ヒラタクワガタ♀2頭でした。
今年も、夜のむし探検隊発足です。
そうそう、バイト料はジュースです。037.gif
b0135573_7133559.jpg


by mmerian | 2008-06-19 07:35 | Comments(4)

ときめきの時間

なにかに出会える予感がする
雨が降り出しそうな曇り空なのに
天の恵みをうけて喜ぶ木々の美しい姿に見とれてしまう
その先に見えるのは
b0135573_2231596.jpg





b0135573_2232984.jpg



b0135573_22322059.jpg






届かない梢の上からやっと舞い降りた
メスグロヒョウモンの翅の美しさ
b0135573_22323081.jpg






b0135573_22323983.jpg





咲き始めた可憐な夏の花
オカトラノオの曲線美
b0135573_2232487.jpg






ウラナミジャノメがススキの中から飛び出してくる。
b0135573_2233275.jpg




オオチャバネセセリの瞳の中の愛らしいブルー
b0135573_22331733.jpg




初めて出会うスカシバ
b0135573_22332789.jpg

今日も、ときめいて過ごせることへの充実感
生命を謳歌する夏はすぐそこに

by mmerian | 2008-06-14 23:08 | | Comments(3)

故郷の風景

「故郷の尾鈴の山の悲しさよ秋もかすみてたなびきており」
歌人若山牧水の歌った尾鈴山の麓に、父と母の故郷があります。


b0135573_2332094.jpg



この池の名は、「オニバスの池」
絶滅危惧1Aのオニバス自生地として有名な所です。
けれども、今日その姿は見えないようです。

父と母が子ども時代に遊んだ池とは変わり果てているのかもしれません。
しかし、ここにいる虫の姿は今も昔も変わらずにいてくれる
時代が移り変わろうとも、そこに同じ風景がある。
今日は、そんな些細なことを考えながら写真を撮りました。
b0135573_2333161.jpg





b0135573_2334493.jpg





b0135573_2341659.jpg






b0135573_2342686.jpg







b0135573_2343657.jpg






b0135573_234461.jpg






b0135573_2345776.jpg








b0135573_235587.jpg


by mmerian | 2008-06-13 23:26 | 風景 | Comments(2)

大雨の後に

夕べは久々の雷雨、激しく雨が降りました。
大雨後の湖畔の様子は、さすがに静かで生き物も身を潜めているようです。
それでも、立ち止まってあたりをよく眺めてみると、
いろいろな虫たちが見えてきます。

b0135573_1953973.jpg




b0135573_1954828.jpg




b0135573_1955680.jpg




b0135573_196484.jpg




b0135573_1961594.jpg






草むらを歩くと、ツバメシジミが飛び出して来て遊び始めました。
b0135573_1962549.jpg









おうちに帰ってみると、庭でも蝶たちが遊んでいます。
イヌビワの葉の上には、ベニシジミ
b0135573_1963578.jpg


ツバメシジミも・・・・
b0135573_196455.jpg


ルリシジミは産卵を繰り返しています。
b0135573_1965460.jpg


by mmerian | 2008-06-12 19:23 | | Comments(6)

ランプと顕微鏡の世界

友人と服部苔研究所の博士を訪ねました。
博士は、いろいろな骨董品を収集されています。

今日は、明治~大正時代のロマンあふれるランプを見せて頂きました。
b0135573_18144394.jpg
b0135573_18145699.jpg
b0135573_1815894.jpg

古き良き時代へタイミスリップしたような世界です。
これらのランプは、ゴミ収集の時に拾ったもの、土の中から掘り出したもの、骨董品屋で安価で買ったものだそうです。

b0135573_18152639.jpg





博士は、いろいろな石のコレクターでもあります。

b0135573_18153560.jpg

楽しいお話にあっという間に時間が過ぎてゆきます・・・。


それから、苔研究所で苔の観察会。
世界中の苔の標本が収集されている服部苔研究所は、世界中の研究者から注目されています。

b0135573_18154798.jpg

ヒノキゴケ
b0135573_1816172.jpg

苔の世界を顕微鏡で覗きます。
b0135573_18161187.jpg






最後に・・・・
今日の蝶は、大正ロマンの蝶です。
b0135573_18162299.jpg


by mmerian | 2008-06-11 18:36 | 風景 | Comments(8)

小雨降る蜻蛉池

今日は、大雨の予報。
雨が降る前に 蜻蛉池に行ったら小雨が降り出しました。

銀色の雨滴に映る鏡のなかの自分の姿に見とれている・・・? 
ヤクシマルリシジミ
b0135573_718465.jpg


久しぶりですね。モノサシトンボさん。
b0135573_7181489.jpg


ドクダミの花はお気に入りですか?
ムスジイトトンボ
b0135573_7183015.jpg



アオモンイトトンボでしょうか??
b0135573_7184273.jpg




体の色と同じ葉っぱを選ぶとは!賢いんですね。
ショウジョウトンボ
b0135573_7185355.jpg




誰もいない蜻蛉池はとても静かです・・・
とはいっても、豊かな生命の満ちる池の畔です。
b0135573_719782.jpg


by mmerian | 2008-06-11 07:38 | 蜻蛉 | Comments(2)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31