<   2009年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧


講演会「だから、子どもの本はおもしろい」

空を見上げる暇もないくらい忙しい一日でした。今日はどんなお天気だったのかも知りません。でも、素敵な出会いに胸ときめく一日でした。明日は、子どもの読書活動を長年ささえていらした親子読書地域文庫連絡会の代表、広瀬恒子さんと八王子学校図書を考える会の大橋道代さんの講演会です。子どもたちに読書の喜びを伝えるための大人の講座、どなたでも参加できます。
「子どもに本を伝える人のための講座」は、仕分けされてしまった子どもゆめ基金助成事業です・・・

12月1日(火) 日南市吾田小学校 多目的室
9:45~11:15 講演「だから、子どもの本はおもしろい」 講師:広瀬恒子さん
11:15~12:00 講演「学校図書館支援のボランティアとして」 講師:大橋道代さん
12:00~12:15 質疑応答


今日、羽化した蝶~♪

ウスイロコノマ
b0135573_2393366.jpg

ルリウラさんには低温期型ってどうしてないの?
b0135573_2310085.jpg


by mmerian | 2009-11-30 23:36 | 講演会 | Comments(6)

ウスイロコノマの裏翅

ウスイロコノマが次々に羽化しています
いろいろな裏翅模様があるとRhetenorさんに教えていただきましたが、色の濃いのや薄いの、はっきりした線があるもの、1頭1頭違った模様です。
今日も羽化しそうですが、今度はどんな模様かな・・・・
001.gif
b0135573_8352750.jpg
b0135573_836865.jpg
b0135573_8365388.jpg
b0135573_839221.jpg
b0135573_8393814.jpg
b0135573_8395283.jpg


by mmerian | 2009-11-30 08:45 | | Comments(4)

シュロのバッタ

産業祭りで、シュロの葉を器用に編んでバッタを作っているおじいさんに会いました。作り方を習いたかったけれど時間がなかったのでじ~~っと見ていたら、「あんたにやるわ!持って行きなさい。」とくれました。よほど、物欲しそうな顔していたのかも!
(私、人からよくもらいものをします。なんでかな?なんでだろ・・??笑)012.gif
b0135573_193286.jpg



お買いものしたのは、カタバミのお皿で~す
b0135573_1934229.jpg


今日の蛾、2種

サンカククチバ
b0135573_194483.jpg


幼虫は嫌われ者だけれど、成虫は青い燐粉が光ってシックでいい感じ!

フクラスズメ
b0135573_1942051.jpg


KYが庭で見つけたいいもの~♪
b0135573_195106.jpg

明日からちょっと忙しい!頑張ろうっと!

by mmerian | 2009-11-28 19:20 | 昆虫 | Comments(4)

カバマダラ幼虫の顔

寒くなると、カバマダラ幼虫は花や実を食べることが多くなります
赤くなった葉はまずいのかな?
トウワタの実、リンゴをかじっているようでなんだか美味しそうに見えます
b0135573_0214172.jpg

幼虫の顔はこんな顔!
ユニークで、どこが眼だか解りません
b0135573_022944.jpg


でも・・・・・・・

お尻からみると鼻ヒゲ生やしてサングラスをかけている!003.gif004.gif

b0135573_0222361.jpg


by mmerian | 2009-11-28 00:30 | | Comments(0)

照葉樹林の紅葉

中国南西部~日本列島まで広く分布する照葉樹林
日本で今でも残っている面積はたったの1,5%です
トトロやもののけ姫の棲む森
ずっと大切に守っていきたいですね
b0135573_21571645.jpg
b0135573_21575873.jpg


いつも図鑑を見ながら写真を貼りますが、同定は難しい作業です
とくに小さい虫は自信がありません
訪問されたかたで間違いに気づかれたら、教えてくださいね!

森の中で・・・・

ヒメクダマキモドキ
b0135573_2159234.jpg

アオモンツノカメムシ
b0135573_2201873.jpg

オナガフキバッタ
b0135573_220481.jpg

b0135573_2212887.jpg


庭のにんじん畑で・・・・

ウスモンミドリカメ
b0135573_2222542.jpg

ショウリョウバッタ ♀2頭でなにしてるん??
b0135573_222558.jpg

ブロッコリー畑でも・・・
b0135573_2231341.jpg

ホシササキリの幼虫
b0135573_2235977.jpg


by mmerian | 2009-11-27 22:38 | 昆虫 | Comments(0)

薬膳料理

日本一の照葉樹林のある町、綾町の薬膳茶房オーガニック「ごうだ」で食育のお話を聞きました。
「土は、命のみなもと」郷田さんは、肥料を使わない土だけの力で作物を作る農業家であり、薬剤師として「医食同源」の考えから薬膳料理の店を始めました。今日のお話は、情報の氾濫する社会の中、足元をよく見ることが大切、照葉樹林文化の中で生きている私たちの食べ物の基本は、コメ、モチ、キビ、ミソ、ショウユ、ナットウ・・・モンゴルやイヌイットの人々の暮らし方や食生活と比較して、同じ人間でも地域で異なる食文化の意味を教えていただきました。気候や風土で異なる食文化、牛乳、肉、魚中心ではなく、五味調和バランスのとれた食事を毎日取るよう心がけたいものです。

庭のノボタン
b0135573_21493962.jpg


今日のお昼は、チャーハン1杯分と同じ1000カロリーです
b0135573_21495983.jpg
b0135573_21501375.jpg


庭の菊の花とキオビエダシャク
b0135573_21504349.jpg

ベニちゃん
b0135573_21505751.jpg


帰り道~
急ぎ足で昨日の電信柱へ行くと、テントウムシの数が激減していました。
みんな、どこへいってしまったの~~?005.gif
・・・・・・謎だ!!
b0135573_21511131.jpg


by mmerian | 2009-11-26 22:23 | 料理 | Comments(8)

ナミテントウの集団飛行

森の出口で見つけた、数千?のテントウムシの越冬準備の集団飛行
空も、電信柱の上から下までも、近くの看板や杭にもいっぱい飛んでいます
b0135573_20152495.jpg

一番多いのは黒に赤い模様のナミテントウです
ナミテントウは様々な斑紋を持つようですが
ここにいるのが皆ナミテントウなのか、自信がありません・・・
b0135573_20154881.jpg
b0135573_20161940.jpg
b0135573_2016384.jpg
b0135573_20171111.jpg
b0135573_20174223.jpg
b0135573_20191644.jpg
b0135573_20204623.jpg
b0135573_2021257.jpg


by mmerian | 2009-11-25 20:30 | 昆虫 | Comments(2)

天道虫

11月もあとわずかだというのに最高気温が20度を超えました
今日は、薄いシャツ一枚で過ごしました
b0135573_18563293.jpg

朝、我が家の庭に2カ月ぶりに飛んできたカバマダラ140番との再会を喜びながら、今日はなぜかしら天道虫のことが気になります
ナナホシテントウ
b0135573_1857944.jpg

庭にはトウワタがたくさん植えてあるので、ご覧のとおりアブラムシがたくさんいます
なので天道虫の数も多いです
b0135573_18573066.jpg

今日いたのは、ナミテントウ、ナナホシテントウ、ヒメカメノコテントウ、チャイロテントウでした
チャイロテントウ
b0135573_18583774.jpg


久しぶりにカバマダラがたくさん来たので、うちで一日過ごすのもよいなぁ・・・

と思いながらも、予定どおり古い樹林へヤッコソウを見に行くことにしました

b0135573_1859065.jpg

シイ属の寄生植物ヤッコソウはやっこさんに似ているからこの名前になったそうです
こちらも久しぶりの嬉しい再会!
b0135573_18591518.jpg

薄暗い森の中は何か不思議な気分になります
カワラタケ
b0135573_1905179.jpg

ウンカの一種?
b0135573_1911150.jpg

チビタマムシの一種?
b0135573_193326.jpg

ウンカの一種?
b0135573_1935111.jpg

ヤブコウジ
b0135573_194203.jpg

ツチトリモチ
b0135573_1943628.jpg

何枚か見つけたエノキの枯れ葉模様
b0135573_196480.jpg


森から出て、帰り道、天道虫がたくさん飛んでいるので、車を降りると
そこには見たこともないくらい、たくさんの天道虫が舞っていました

b0135573_1965481.jpg
b0135573_1910235.jpg
b0135573_1910503.jpg

全部撮りたかったのだけれど・・・・・無理ですね043.gif

by mmerian | 2009-11-25 19:48 | 昆虫 | Comments(0)

ウスイロコノマチョウの羽化

思わず感情移入してしまうオオスズメバチの物語、「風の中のマリア」(百田尚樹著・講談社)を読んでいます。その中で、オオスズメバチのワーカーのマリアが妹たち(幼虫)に肉団子を与えながら、こう考えます。
「マリアはあらためて彼女(幼虫)の体を見た。丸々と太って大きいが、少しの衝撃でも傷ついてしまう弱々しい体。しかし、サナギから出た時は、全身が輝く甲殻に覆われた強い戦士になっている。何度も目にしている光景だが、見るたびに不思議な気持ちに覆われる。いったいサナギの中でなにがおこっているのだろう。マリア自身も経てきた変化だが、その時の記憶はない。サナギでいるあいだは眠りについていたからだ。5日前、初めてサナギの殻を破って出てきたときの驚きと興奮は、一生忘れられないであろう。」
b0135573_0215432.jpg


ウスイロコノマチョウの蛹が黒くなりました
マリアの物語に出てくるように静かに眠っていたサナギも
いよいよ変化の時を迎えたようです

b0135573_0224563.jpg

PM9:15
b0135573_0231264.jpg

PM10:30
b0135573_0234297.jpg

PM11:15羽化
b0135573_0244326.jpg


b0135573_025371.jpg


b0135573_0254325.jpg


b0135573_026247.jpg


b0135573_0262392.jpg


b0135573_0263760.jpg


b0135573_0273394.jpg

11:35 もう1頭羽化
b0135573_0281665.jpg


羽化したばかりのチョウの気持ちってどんなだろう?

オオスズメバチのマリアの物語のように

一生忘れられない瞬間かもしれませんね

b0135573_028316.jpg


まだ 眠っているサナギです

b0135573_028467.jpg

ウスイロさんにも、し~っかり感情移入しちゃってます~037.gif

by mmerian | 2009-11-25 01:07 | | Comments(8)

青空の下

久しぶりに青空が広がったので、亜熱帯植物園に出かけました
いろんな熱帯植物(名前を覚えられない)の中の陽だまりで、11種の蝶が飛んでいました。
ヤマトシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ウラナミシジミ、ルリウラナミシジミ、ヒメアカタテハ、キタテハ、イシガケチョウ、タテハモドキ、キタキチョウ、イチモンジセセリ
人も蝶も、気持ちいいと感じる場所や気候って似ていますよね
・・・っていうか、蝶の気持ちがちょっとだけ解るようになったような気もするよな・・・・・

b0135573_18244367.jpg

ツワブキの花にやってきたのは
b0135573_18254680.jpg

おしゃれなアリグモ
b0135573_18262281.jpg

ツワブキ花粉の頭飾り付き
b0135573_18264572.jpg

茶髪よりカッコイイ、イチモンジセセリの頭髪!003.gif
b0135573_18271538.jpg

風で翅が吹き飛ばされそうなルリウラナミシジミ
b0135573_1828356.jpg

意外とでっかいお目目です
b0135573_18282936.jpg

8頭のアリに囲まれて・・・幼虫は迷惑じゃないのかな~026.gif
b0135573_18285278.jpg

「王者の紋章」を持つデイゴの葉??
b0135573_18291266.jpg

2枚見つけました~041.gif
b0135573_18293567.jpg


by mmerian | 2009-11-23 18:54 | | Comments(6)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー