<   2011年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧


いい季節です!

いい季節になりました。
虫数も多く、楽しさ倍増しています。
さあ、出かけなくっちゃ!

カメムシ2種
大型種トホシカメムシ
b0135573_23225869.jpg

ヒメツノカメムシの幼虫
b0135573_23231538.jpg


カミキリムシ2種
ハナカミキリsp
b0135573_23233959.jpg

シロトラカミキリ
b0135573_23235888.jpg


ウチスズメの幼虫は・・
b0135573_23241621.jpg

三角頭のとんがり帽子
b0135573_23272826.jpg


テングアワフキ
b0135573_23281068.jpg

キイロクチキムシ
b0135573_23283916.jpg


テリハアカショウマに群れるサカハチチョウ
b0135573_23291166.jpg
b0135573_23301610.jpg
b0135573_23312925.jpg


by mmerian | 2011-06-30 23:41 | 昆虫 | Comments(4)

オオクワゴモドキの幼虫

アニマの大扉にも飾られたというオオクワゴモドキの幼虫を見つけました!
幼虫1頭見つけてこんなに嬉しいなんて、ちょっと変かもしれませんね~。001.gif

b0135573_22102427.jpg
b0135573_22113039.jpg

上から見ると・・

b0135573_221285.jpg

ドアップ
b0135573_22122254.jpg

ひっくり返すと・・

b0135573_22123430.jpg

んん、かっこいい~!

b0135573_22131315.jpg

撮影地:宮崎県鰐塚山 食樹:ヤマモミジ

by mmerian | 2011-06-30 22:18 | 幼虫 | Comments(3)

梅雨明け

今日は、梅雨明け空の浮雲に焦がれる一日でした。
海から湧き出た雲が、緑の山を駆け登り空へ消えゆく通い道をぼんやり眺めていました。
それが原因ではないけれど、道を間違えてしまい、山道を走ることになってしまい、
引き返そうかと思ったのも一瞬で、昆虫層が多くてずいぶん楽しめました。

b0135573_19485748.jpg

エノキにいたミーアキャット・・

b0135573_19501811.jpg

・・・のようなゴマ君

b0135573_19503314.jpg


b0135573_19505130.jpg

一枝に1頭ずつ陣取っていたナナフシの子どもたち

b0135573_19511041.jpg

ススキの葉裏のグライダー野郎
マダラハネナガウンカ
b0135573_19515260.jpg

並んだ真珠玉
クロコノマチョウの卵
b0135573_19521361.jpg

アオスジアゲハの休息
b0135573_19523081.jpg


b0135573_19524678.jpg

オカトラノオとサカハチチョウ

b0135573_1953029.jpg

ウツボグサとミヤマチャバネセセリ
b0135573_19531447.jpg

間違えて、サカハチチョウが吸水をしに車にやってきました。
b0135573_19533977.jpg


by mmerian | 2011-06-29 20:28 | | Comments(4)

浜辺のモグラたたき

知識を広げることで、今まで気づかなかった世界を知ることができる。
名著「日本の渚ー失われゆく海辺の自然ー」加藤真著(岩波新書)はそんな1冊。
外洋に面した砂浜の渚には、海風が吹き、白波が打ち寄せ渚の上に汀線を描き直してゆく。
波が引き返した後の汀線の上に目をやると遠浅の渚をすべるように行き来する波の間に、見え隠れする生きものたちの姿がある。

b0135573_6441135.jpg


b0135573_6443036.jpg

スナガニは、波間に顔を出したかとおもうと、急いで砂に潜り始める。
その瞬間を見たくて近づこうとするのだけれど、あっという間に消えていなくなる。 
打ち寄せる渚を歩きながら、まるでモグラたたきゲームのようだと可笑しくてたまらなくなる。

b0135573_7245450.jpg

やっと点数を取得。

b0135573_7251984.jpg

潜った後の砂模様

b0135573_72634.jpg

波遊びするナミノコガイ(フジハナノガイ)はすべるように波に乗りながらプランクトンを食べる。
瞬時に砂から飛び出せる能力、そして波の到来を感知できるすぐれた感覚。
ドーンという波の音が、このタイミングをつかむのに感知されているらしい。
b0135573_7265192.jpg

潜った後の模様が変化してゆく・・・

b0135573_727978.jpg

ナミノコガイ(ハナフジノガイ)
b0135573_7275830.jpg

続く汀線には、鳥や昆虫、小さな生き物が群れる
b0135573_7282975.jpg

恋のスポットにもなる
b0135573_7285043.jpg


b0135573_7291475.jpg

後から後から打ち寄せる波の向こうに目をやると、さえぎるもののない海が広がっていた。
見上げると、どこからかやって来たのだろう。迷チョウが、また海を越えようとしている。
悠々の時間を刻んでいる。

黄色い点のウスキシロチョウ
b0135573_7292936.jpg


今日の、お勧めの1冊です。

b0135573_7294560.jpg


by mmerian | 2011-06-29 08:15 | | Comments(4)

スカシダワラ(クスサンの繭)の秘密

白髪太郎(クスサンの幼虫)の繭は、なぜスカシダワラなのか?

b0135573_18413278.jpg

今まで深く考えたことはなかったけれど、謎解き出来ました!

b0135573_18415733.jpg

見てください。
あの長い白髪が短くなってパラパラ下に落ちています。

b0135573_18421443.jpg

故に、繭を網目にしたのは、いらなくかった毛を外に出すための工夫ではないのでしょうか。

b0135573_18422839.jpg

見えにくいけれど、あんなに大きかった幼虫は小さくなり
毛も短くなってショボショボです。


b0135573_18425473.jpg

私の推理、如何なもんでしょう?
いい線いってます?027.gif

by mmerian | 2011-06-28 18:51 | | Comments(3)

クスサンの繭

卵から育てたクスサンが繭作りを始めました。
庭のクヌギにはすでに4つの繭。冬に枝についている繭を見かけることはあっても、夏は葉が生い茂っているのでなかなか見ることのできません。それもそのはず、葉っぱを綴り合わせて葉の密集した場所に繭を作っています。なぜか、4個の繭は寄り添うように近くにあります。羽化した時の出会いを計算して、繭作りをしているのかもしれないな、と勝手に想像を巡らせてしまいます。
ゆっくり、ゆっくり、休みながらの繭作り。
荒く細い糸の中には、太く編んだ透かし繭玉。

b0135573_20173640.jpg




おまけで。
今日は昼から料理教室DE豪華ランチ。
カレーパンにティラミス、美味しかったよん。

b0135573_2018179.jpg


by mmerian | 2011-06-27 20:36 | | Comments(0)

強風注意報

台風の影響で強風が吹き荒れています。
こんな日の虫たちの様子は如何に?

すでに稲穂が出た日南の田んぼの風渡り
b0135573_8262285.jpg


b0135573_826366.jpg



何度か草にしがみつこうとしたけれど
風にあおられて地面に着地したキタテハ

b0135573_8265159.jpg

ヤマトシジミは風の影響の少ない場所に避難して安泰です。

b0135573_827427.jpg

トンボは風にあおられても平気で葉っぱに鎮座。
ムスジイトトンボ
b0135573_8271893.jpg


今日の一花はノビル
b0135573_8273154.jpg


by mmerian | 2011-06-27 08:34 | | Comments(0)

ヤマトカギバの蛹

庭のヤマトカギバ幼虫
頭より頭らしい尾っぽを振って、外敵から身を守ります。
この時に音を出すのを聞いた人もいるとか。

b0135573_20214424.jpg

今日、クヌギの葉先を丸めてすけすけの繭を作って、蛹になりました。
顕微鏡で見ると、なかなか美しく胸キュンです。


b0135573_2022393.jpg


by mmerian | 2011-06-26 20:37 | 幼虫 | Comments(4)

撮影オフ日

重たいカメラを持って藪こぎしたのに、カードが入っていなかった!
まあ、こんな日もあり。
気分を変えて、のんびりモードで歩きました。

昨日の写真より~。

そんなに睨まなくても・・コロギス!
b0135573_22592183.jpg


小さなヒメサナエ
b0135573_22593389.jpg


ニワトリのトサカを連想
b0135573_22594587.jpg

キマエアオシャク?
b0135573_22595640.jpg


by mmerian | 2011-06-25 23:12 | 昆虫 | Comments(0)

ウツボ草

ウツボ草の群生を見つけました。
どこにでもあるようで、普段は見ない花です。
「ウツボ」は魚でなく、弓矢を入れたウツボの形から付いた名前。
別名は「夏枯草」(カゴソウ)
薬草になり、結核や胃腸病等に効くそうです。
b0135573_20112920.jpg


自信がないけれど、クリサキテントウか?
b0135573_20115056.jpg

潜るマルハナバチ
b0135573_2012442.jpg

口吻は伸ばしていません。
ベニシジミ
b0135573_20121935.jpg


おまけで・・

今日のおやつは、美味しい
アカシアの花弁のシロップ漬けゼリー。045.gif

b0135573_20123315.jpg


by mmerian | 2011-06-24 20:24 | 植物 | Comments(6)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー