<   2012年 03月 ( 41 )   > この月の画像一覧


うちどくフェスタ「飯野和好さん講演会」

今夜は「ねぎぼうずのあさたろう」でお馴染みの絵本作家・飯野和好さんと飲み会でした。
原発のことから自然と子どものこと、文化のこと、いろいろ話題で盛り上がりました。
明日は、「おっと痛快 絵本の読み語りの旅でぃ~日南・串間の宿~」
参加無料、どなたも参加OK,当日参加OKです。
南郷ハートフルセンターに是非お越しください!

b0135573_2346430.jpg


~我が家の庭より~
ベニシジミを真正面からパチリ。
動かなかったのは、お昼寝中だったからでしょうか。

b0135573_23462089.jpg


イヌガラシの卵は、
スジグロシロチョウか?ツマキチョウか?

b0135573_23463399.jpg


明日も一日忙しい日になりそうです・・。006.gif

by mmerian | 2012-03-31 00:02 | イベント | Comments(6)

ヒイラギの花

鳥の食べ忘れなのか、クリスマスの木ヒイラギの赤い実が1本だけ残っていました。

b0135573_1893244.jpg

赤い実の中でひっそりと咲く花。

b0135573_18101178.jpg

地味なので蜜が出るのかしら?と思いましたが、
アリやミツバチ、チョウが集まっています。
実のついたヒイラギには花があまりありませんが、
鳥がついばんで実がない木には、花がたくさん咲いています。

b0135573_18102778.jpg

トラフシジミは、直接花に止まらず、近くの葉の表や裏側に止まってから少しずつ花に近づいて吸蜜します。用心深いからでしょうか?(初見)
b0135573_18105055.jpg

ムラサキシジミ
b0135573_18111154.jpg


モミジの花も咲き始め、
そろそろ日焼け止めが要りそうなくらい日差しが強いです。

b0135573_18115114.jpg


by mmerian | 2012-03-29 18:33 | | Comments(2)

磯遊び

前から貝がら拾いに連れて行って欲しいと頼まれていた友人と一緒に、
磯辺で微小貝拾いをしました。
ついでに今夜のおかず貝も拾いながら、鬼の洗濯岩をお散歩。
潮風に吹かれて気持ちの良い一日でした。

アメフラシ
b0135573_1611116.jpg

背中に貝をしょっています。
b0135573_16112235.jpg

毛むくじゃらのカコボラ
b0135573_16113810.jpg

裏返してドキリ!
b0135573_16115328.jpg


b0135573_1612793.jpg

友人は驚いて飛びのきましたが、
私は嬉しくて写真をパチリ。
海草の森は面白い場所です。
b0135573_16123115.jpg


大満足して家に戻ると、素敵なプレゼントが届いていました。
わらしべ長者ではありませんが、貝殻がネックレスに化けました。
心のこもった手作りネックレス、とても嬉しいです。016.gif

b0135573_16124716.jpg


by mmerian | 2012-03-28 16:36 | ビーチコーミング | Comments(6)

スギタニルリシジミ初見

今年は遅いです。


b0135573_738392.jpg

                     2012.3.26宮崎市


*ニシカワトンボも初見です。

by mmerian | 2012-03-27 07:39 | | Comments(10)

アヤメダカラと微小貝

アヤメダカラは、地味だけれど好きな宝貝です。

b0135573_21445484.jpg

裏返すと優しい菖蒲色です。001.gif

b0135573_21451081.jpg


こちらは、5mm程の大きさの微小貝。
幼貝もあり名前は解りませんが、艶やかな色の貝を集めました。
自然の色彩はなんて美しいのでしょう。
貝拾いをするといつも時間がたつのを忘れてしまいます。

b0135573_21455128.jpg


面白い形の貝も見つけました。

b0135573_2146546.jpg


by mmerian | 2012-03-26 22:43 | | Comments(2)

イワガネの花

夕べの狂言会の舞台の前には、たくさんの早春の山の花々が飾られました。
その中で、えほんの郷の村長さんが「地味だけれどいい花だ。」と教えてくれたのが、
このイワガネの花。1枝貰って帰りました。
花は1,2mmの大きさなので目立ちませんが、味わいある花です。


b0135573_2104439.jpg


顕微鏡で花の構造を調べましたが良く解りませんでした。
もっとも花を愛でるのには、必要ないことでしょうが。001.gif

b0135573_211841.jpg


by mmerian | 2012-03-25 21:49 | 植物 | Comments(6)

お花見狂言会

木城えほんの郷の水のステージの上で、「お花見狂言会」が催されました。
出演:茂山狂言会
演目:「福の神」「二人袴」「梟」
狂言と能の違いは?喜劇と悲劇。緩和と緊張。
おひねりをたくさん貰う為に大げさな演技で
写実的ではない表現劇として生まれたのが「狂言」です。
今夜は満天の星空の下の野外ステージで催されましたが、
日本古来の文化を肌で感じる絶好の場所に思えました。

b0135573_23135958.jpg


b0135573_23141058.jpg


折しも行く途中のラジオで、桜の木の話題を耳にしました。
江戸時代の吉原では、毎年3月1日に祭りがあったそうですが、それに合わせて咲いている桜を植栽し並木を作っていたのだそうです。その習わしは何十年も続いていたのだとか。花の咲く前の木を植栽するのですから、木はすぐに枯れてしまいます。しかしそのようなことが江戸時代すでに行われる程、日本人にとって桜の木は、特別な感情があったのでしょう。
今日のステージの主役となった桜の木も、今日のお花見の為に1本伐られて飾られました。
古くから伝わる日本の伝統のひとつを蘇らせる夜となりました。

b0135573_23142479.jpg


b0135573_23143840.jpg


終了後、桜の下で、
「ありがとう。」と桜にお礼をそっと呟きました。001.gif

by mmerian | 2012-03-24 23:55 | イベント | Comments(5)

幼虫3種

今年も秋の蛾ウスタビガの卵が孵化しました。
繭作りまで観察しようと思います。

b0135573_1942767.jpg

卵はまだ数個ありますが、
いつ生まれるのかは予想がつきません。

b0135573_19422342.jpg


葉っぱの上に透けてみえるサツマニシキ幼虫。

b0135573_1943278.jpg

若齢時は体長に合わせて葉を食べているようにみえましたが、
今はこんな感じの食痕です。

b0135573_19434946.jpg

成虫は美しいけれど、幼虫は毒々しいので
角度を変えたら可愛いく見えるかもしれないと思ったけれど
そうでもありませんでした。


b0135573_194441.jpg


庭のブットレアでは、シャチホコガ科か?ヤガ科か?
繭作りが始まっていました。

b0135573_19442189.jpg


by mmerian | 2012-03-23 20:11 | 幼虫 | Comments(4)

虫が動く

春分を過ぎて、急に虫が動き始めました。
辺りは目覚めた小さな生き物たちの喜びで満ち溢れています。
春の愉快なおしゃべりを聞きながらのお散歩は、体も心も軽やかになります。
山も野原も笑う季節到来しましたね。

庭の平家ダイコンとモンシロチョウ
b0135573_1945547.jpg

ヤナギハムシ
b0135573_19454095.jpg

カメノコテントウ
b0135573_1946261.jpg
b0135573_19462444.jpg

コクワガタは土の中でゆっくり成長中。
b0135573_19464783.jpg




ハマセンダン梟で、アワフキムシも生まれる。001.gif

b0135573_1947166.jpg


by mmerian | 2012-03-22 20:12 | 昆虫 | Comments(2)

アカタテハの卵

1mmの小さな卵から、幼虫が生まれる!

b0135573_17563054.jpg

頭の大きさの分だけ殻を食べて
顔がにょき~

b0135573_17564197.jpg

にょきにょきと卵から出てきた。

b0135573_17565558.jpg

新天地へ!いざ参ろうぞ。

b0135573_1757866.jpg




「生まれた場所がご馳走の上でラッキーだにゃん。」
・・・と、言ったか、言わぬか?045.gif

「どこから食べようかな?」

b0135573_17572264.jpg




・・・・・・アラカシの芽にも、
ムラサキシジミが卵を生み始めました。001.gif


b0135573_17573478.jpg


by mmerian | 2012-03-22 18:30 | | Comments(2)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー