<   2012年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧


天使の悪戯

昨日読んだ新聞に、「人生には無駄な経験などないというが、実はたったひとつだけある。それは探しものをしている時間だ。」と書いてありました。ビジネスマンが、書類など探しものに費やしている時間は、年間150時間だそうです。仕事も脳も人生も整理・整頓し、維持すると、すっきりきれいに生きられそうです。そうは思いつつ、今日も天使の悪戯(探しものは、そのうち出てくる)が朝から始まっています。心の中をきれいにして、整理・整頓・掃除、を前向きに習慣づけて日々を維持し、探しものの時間を少しでも減らせたらいいのになぁと思います。


ヒメヤママユの蛹が、
繭の中から出てしまいました。
b0135573_7162629.jpg

この蛹は蛹化したばかりなので、体色変化の途中かもしれません。
天使というより神さまのちょっとした悪戯に、目を細めてしまいます。



b0135573_717523.jpg


by mmerian | 2012-05-31 07:51 | Comments(4)

アコガレ虫に会いに行く。

今日は、カメムシのお師匠様に、
アコガレの虫のいる場所へ連れて行ってもらいました。
果たして念願が叶うのか?ワクワクドキドキ。
静かな森の中はサンコウチョウの歌声が響いていました

マタタビの花
b0135573_19355079.jpg

羽化したばかりのアカタテハ

b0135573_19363422.jpg

オオトラフコガネ

b0135573_19371659.jpg
b0135573_19373879.jpg

お昼寝中の源氏ボタル。

b0135573_19375934.jpg

美人蜘蛛アオオニグモ

b0135573_19382447.jpg

カジカガエルのおたまちゃん。

b0135573_19391099.jpg

ヤゴたち。

b0135573_19392357.jpg





そして、そして、

とうとうアコガレ虫に会えました!!



b0135573_19401832.jpg

タケウチトゲアワフキ
カッコイイ~!!!

b0135573_19411273.jpg


カメムシ師匠様、
今日は本当にお世話になりました~♪
また連れて行って下さいね。

by mmerian | 2012-05-30 20:04 | 昆虫 | Comments(8)

今年も ヒラタミミズク

今年もヒラタミミズクの幼虫を見つけました。
卵も捜しましたが、残念!
年1化か、2化か、今年はちゃんと調べたいです。

b0135573_2311216.jpg


b0135573_2312379.jpg

これは卵かと思いましたが、
別の生きもののようです。
ヒラタミミズクは5mm,こっちは2mm位の大きさでした。

b0135573_23135100.jpg


by mmerian | 2012-05-29 23:05 | 昆虫 | Comments(2)

休耕田のガマ、チゴザサ

稲の育つ田んぼの中に、2反だけ休耕田があってガマ穂が揺れていました。
写真を撮ろうと思い、車を止めて、田んぼの畦を歩きました。
まだ背丈の小さなタコノアシやイグサがいっぱいあっていいかんじ。

b0135573_22135512.jpg


b0135573_2215103.jpg

目立たないけれど、稚児笹(イネ科)も群生していました。
誰も気がつかないほど地味な花ですが、とても可愛いです。
いいもの見つけて、得した気持ち。

b0135573_22154268.jpg

ガマ(ガマ科)の雄花はもう終わりかけでした。

b0135573_22164328.jpg


b0135573_22171889.jpg


by mmerian | 2012-05-29 22:35 | 植物 | Comments(4)

拾い貝

今日は、ラジオに出演してきました。ふつうの主婦なのに、これでなんと3回目。
話した内容は、昆虫のこと、バタフライガーデンのこと、ビーチコーミングのことなど。
それに、私の便利帳でもあるブログの紹介まで!Oh my God~!!!
友人にもあまり話していないのに、ラジオで話すなんて~!と思いましたが、
終わったことは気にしない主義、年と共に羞恥心を失いかけています。(笑)
帰り道はクールダウンするために久々に拾い貝をしました。
ウミウサギ貝を3つ拾えてよかった!


b0135573_19162032.jpg


ラジオのお姉さま、今日はありがとう!

by mmerian | 2012-05-28 19:31 | | Comments(9)

脱ぎました~。

脱皮したばかりのサカハチチョウ。

b0135573_23131059.jpg


しばらくすると、花が咲きます!

b0135573_23135670.jpg


b0135573_2314761.jpg


花ではなくて、アンテナかな?

b0135573_23142169.jpg


by mmerian | 2012-05-26 23:23 | | Comments(8)

お勧め本とCD

「巨大津波は生態系をどう変えたか」永幡嘉之著/講談社
あの巨大な津波によって自然環境に起こったことを、昆虫と植物を中心に各地の様子をつぶさに調べ、正確に記録した著書です。多くの時間を割いてフィールド調査をされた永幡さんの正眼と深い知識は数多くのこと教えてくれます。これからの環境を再考する為にも、一押し本です。

b0135573_20554667.jpg


現地録音による「宮崎の民族音楽」(宮崎県民族学会/平成19年)
民族芸能は、暮らしの中に息づき、四季の行事に合わせて歌い踊られていました。
明治の日本に来たオーストリアのクライトナー中尉は、大変重い運搬籠を抱え、難儀な仕事をしているのにもかかわらず、仕事の歌を口ずさむことで大股に踏み出す力を奮い立たせ、常に上機嫌な労働者の姿に驚いています。労働は唄で飾られていたのです。
芸能は、地域社会の大事なコミュニケーション、冠婚葬祭の儀礼、それに自然に対する祈りや感謝として、多様な役目を果たしていたようです。

b0135573_2055575.jpg




5月23日、宮崎県延岡市家田地区の伝統行事「なんば引き」を見に行きました。
「なんば引き」は、昔から伝わる河川の護岸工事です。分銅を引っ張り上げて、「ヤレマカサイサイ ヤレドッコショ」と合の手を入れ、リズムよく杭を打ち込みます。昔は、農閑期になると、各地で村人総出で川沿いに杭を打ち、護岸の補強をしていたそうです。
家田地区では、地元の土木科の高校が、毎年「なんば引き」を体験しています。


b0135573_20572084.jpg

家田湿原は、日本の重要湿地のひとつに数えられ、希少植物や水生昆虫の宝庫です。
この地区は、4年前の大水害でほとんどの家が水没し、高台に移り、新築された家が並んでいます。氾濫原(人が住めない環境)であることが、良い水環境が残される条件の一つかもしれない、と、永幡さんの本を読んだ直後だったので、実感できました。

b0135573_20573253.jpg


by mmerian | 2012-05-25 22:03 | 書籍 | Comments(4)

もうすぐ、繭。

もうすぐ繭になるムギバタケ(ヒメヤママユ)
KYくんに、「なんに見える?」と尋ねたら、
「新品の幼虫たわし」だって。




b0135573_18514635.jpg

そう言われると、そんな気もする。

by mmerian | 2012-05-25 18:57 | | Comments(0)

コオイムシ

はじめて見た、子負虫。
やっと撮った、証拠写真です。
「お父さん、子育て楽しんでますか~?」と、つい声かけちゃいました。

b0135573_9201475.jpg


by mmerian | 2012-05-25 09:25 | 昆虫 | Comments(6)

はんぶんこ

兄弟か?友達か?恋人か?

ふたりで仲良くはんぶんこ。

ヒメカメノコテントウ
b0135573_21421327.jpg




b0135573_21423247.jpg


by mmerian | 2012-05-24 21:47 | テントウムシ | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー