<   2012年 06月 ( 48 )   > この月の画像一覧


「今森光彦・里山むしむし合宿」

今年も宮崎県児湯郡木城町の「木城えほんの郷」で、
写真家今森光彦さんと「里山むしむし合宿」を開催します。
期間は、8月18日(土)~20日(月)2泊3日。
昆虫採集をしたり、原画展(切り絵展)を見たり、お昼寝したり、川遊びをしたり、標本を作ったりします。
定員も残りわずかです。
申し込みはお早めに!(0983-39-1141)


b0135573_21591928.jpg


by mmerian | 2012-06-30 22:09 | イベント | Comments(4)

「メアリー・アニングの冒険」

最近、昔のように本を早く読み進めることが出来なくなって、1冊の本を何日も抱え込むことが多くなっています。なので、1冊の本の世界に浸る時間が長くなり、ここのところずっとイギリス南部のライムを旅しています。前に紹介したことのある児童書「海辺の宝もの」(ヘレン・ブッシュ)は12才の少女メアリー・アニングが変わり石(化石)を夢中で集める話で、夢や希望に満ち溢れた本でした。それと比べこの本は、メアリーの足取りを数少ない手紙や科学者たちが残した様々な資料を探し出し、その生涯を浮き彫りにします。プレシオサウルスやイクチオサウルス、プテロダクティルスを発見し恐竜学の扉を開く礎となったメアリーの生涯は、労働者階級でしかも女性であったということで、名声を得ながらも科学者として認めらず、メアリーのプライドは傷ついていたようです。しかし、彼女の生き方は魅力あふれて、強い信念に魅了されます。この本は、手塚治プロダクションで鉄腕アトムのアニメーションの放送作家をしている吉川さんが書いていて、学術書とも言えますが、憶測も含み書かれているのが面白いです。英国自然史や恐竜学に興味のある方に、お勧めの1冊です。

「メアリー・アニングの冒険」~恐竜学をひらいた女化石屋~
吉川惣司・矢島道子著(朝日新聞社)

b0135573_10573254.jpg


今も昔も、アマチュアが学問を支えていると思える一冊。
それに、女性の影響力は計りしれない!037.gif

by mmerian | 2012-06-30 11:41 | 書籍 | Comments(4)

大雨後の漂流物

大雨が止んだので、ビーチコーミングに出かけました。
川が氾濫した後の砂浜には、陸地から流れ着いた大量の木屑とゴミが漂着しています。
外洋からやって来る人工ゴミはほとんどが外国語ですが、今日は9割方日本製品でした。
漂流物を見ながら歩くと、いろいろ想像力を駆け立てられます。
どんな小さなものにも物語があって、謎解きできる。
ビーチコーミングの魅力は、新しい何かを発見できることだと思います。

b0135573_21233115.jpg

今日の拾いもの
種子ラインを捜しながら、歩きました。
黄色い弾包はどこから流れ着いたのでしょう?
見たことのない浮き、謎の輪っか、種子たち・・・・。

b0135573_21245739.jpg


昨日は大雨警報が出ていたので、おとなしく?
100円ショップの標本箱にモダマと漂流散布種子を並べましたが、
拾いものを整理しながら、更にまた想像力を膨らまし、
遠い国へ想いを馳せるのも ビーチコーミングの魅力です。



b0135573_21251596.jpg
b0135573_21253721.jpg
b0135573_21255141.jpg


by mmerian | 2012-06-28 22:11 | ビーチコーミング | Comments(8)

ハマオモトヨトウの卵

去年捜していたハマオモトヨトウ
前に見た時と同じで 蕾に生んだ卵を見つけました。

b0135573_20421312.jpg

並んだビーズがどこかの島のよう。

b0135573_20424516.jpg

横から見ると、和菓子みたい。

b0135573_20424558.jpg

卵には寄生バチが来ていたので、全部成長するのは難しそうです。
自然界はキビシイ!

by mmerian | 2012-06-28 20:48 | | Comments(2)

庭のブットレア

今年も庭に4色のブットレアが咲き、たくさんのチョウが集まっています。
賑やかに飛びまわる姿を見るのはとても楽しいです。
ニイニイゼミの合唱も聞こえ、季節は初夏の装いです。

ツマグロヒョウモン
b0135573_2065338.jpg

イチモンジセセリ
b0135573_2072548.jpg

先日のクイズの答え
アオバセセリ
b0135573_2072321.jpg


b0135573_2075048.jpg

サツマニシキ
b0135573_2075643.jpg


by mmerian | 2012-06-28 20:17 | バタフライガーデン | Comments(4)

クヌギの葉っぱの謎

クヌギの葉っぱは謎だらけ。
謎解きしてみたいけれど、時間がかかりそうです。
ご存知のもの、ありますか?



b0135573_1034216.jpg

誰かさんの棲みかです。
誰かが中に入っています。

b0135573_1035997.jpg

これだけ食べて、
葉先に繭を作りました。

b0135573_1042187.jpg

これも、三角繭。
上手に折れました。

b0135573_1043567.jpg

見たことあるけれど・・・舟形繭。

b0135573_1045122.jpg

これは棲みかです。
時々、顔を出してお食事に出かけます。

b0135573_105929.jpg

ほら!

b0135573_1052176.jpg


それから、数枚の葉を綴った中にクスサンの繭を見つけました。
中身が透けて見えますが、動かないので前蛹のようです。

b0135573_1053799.jpg

むかしむかし、テグスの材料になったくらいですから、
クスサンは固くて頑丈な糸で繭を紡ぎます。

b0135573_1055016.jpg


by mmerian | 2012-06-27 10:18 | Comments(2)

コブガのトーテムポール

前から一度は見てみたいと思っていたコブガの幼虫。
脱いだ頭の殻をトーテムポールのように積み上げる習性を持つ幼虫です。
↓は、一番上の頭がずれていますが、3つ重ねています。
生きる為のユニークな戦略に、拍手喝さい!
こういう生き物たちの生態は多様で 興味尽きることがありません。045.gif

b0135573_9473531.jpg





今日も雨がザーザー降っています・・・・。

by mmerian | 2012-06-27 09:53 | 幼虫 | Comments(2)

ギンシャチホコの幼虫

ギンシャチホコの幼虫
イモムシハンドブックによると、背中に枝分かれした突起が並ぶ特異な形態のシャチホコガで、尾脚は退化していて、つねに尾部を浮かせている、と書いてあります。イモムシがダメな人も、ほほぉっと感心させられるデザインではないでしょうか?(Nさま、いかが?)

b0135573_19263026.jpg

食べ方はこんな感じ。

b0135573_192930100.jpg

短い角が可愛いお顔。

b0135573_19294533.jpg

おしりも笑い顔でナイスでしょ?026.gif

b0135573_19295882.jpg


by mmerian | 2012-06-26 19:39 | 幼虫 | Comments(4)

蝶クイズ

雨の日の 退屈しのぎクイズ。
なんのチョウでしょう?037.gif

b0135573_1815014.jpg


by mmerian | 2012-06-26 18:15 | | Comments(5)

チリボタン

雨降り続きで退屈な日は
貝を並べてあそびましょうか。
全部ウミギク科チリボタンだと思うけれど 
ちょっと自信がありません。


b0135573_224088.jpg

朽ち果てても赤い色 好きな貝です。

b0135573_22402554.jpg

ついでに 今年流れ着いた漂流種子も並べましょうか。
コウシュウンモダマとドングリとハマナタマメとシナアブラギリ


b0135573_22403719.jpg

もひとつ 拾いウニも並べましょうか。
ムラサキウニとバフンウニ

b0135573_22411015.jpg


明日は、晴れるかな・・・。

by mmerian | 2012-06-25 23:10 | | Comments(6)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー