<   2012年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧


アサギマダラとハラビロカマキり

マダラチョウには毒があって、鳥に食べられない筈だけれど、
ハラビロカマキリがアサギマダラをむしゃむしゃ食べています。
お腹の調子も悪くなさそう!
こういうのを見ると、ホントかな?って疑いたくなりません?

b0135573_22404599.jpg



サツマシジミ、最近よく見かけます。001.gif
今秋は、シジミチョウとイチモンジセセリの数が多いです。

b0135573_22401041.jpg


by mmerian | 2012-10-30 22:46 | | Comments(4)

クヌギの赤い木の実

庭のクヌギの木の下に赤い実がいっぱい落ちています。
何の実?

b0135573_20213520.jpg

美味しそうな果実?


b0135573_20222494.jpg


実はこの実、クヌギの葉っぱの裏側から落ちてきます。

b0135573_20232983.jpg


図鑑で調べると、「クヌギハケタマフシ」
クヌギハケタマバチの虫こぶで、この中で成虫越冬するそうです。
文一虫こぶハンドブックによると、分布は関東以北とありますが、そうではなさそうです。

b0135573_20243191.jpg

横から見ると、こんな感じ。

b0135573_2024461.jpg

中身を割って調べると、中心部に白い繭のようなものがあって
その中で小さな白い幼虫?が動いています。
ちいさな虫の作る赤い実、
ジューシーなスモモのようにみえますが、勿論食べる気にはなりませんね。

b0135573_20245599.jpg


by mmerian | 2012-10-29 20:39 | 昆虫 | Comments(4)

アサギマダラ・マーキング

アサギマダラのマーキングをぼちぼちやっています。

b0135573_17415558.jpg

正面から見ると・・・


b0135573_17412845.jpg

ドアップ!027.gif


b0135573_1742145.jpg

ニチナンYの記号を見かけたら、お知らせくださいね。006.gif



b0135573_17414684.jpg


by mmerian | 2012-10-28 17:44 | | Comments(0)

庭に来た蛾2種

庭のフジバカマに来た昼間飛ぶ美麗蛾2種
1つは害虫と呼ばれ、もうひとつは人気種。
本人たちはご存知ないことですが・・・・。

一時期と比べると数が減りました。
キオビエダシャク
b0135573_17341838.jpg


名前の通り、錦を飾る蛾かも。
サツマニシキ
b0135573_17343684.jpg


by mmerian | 2012-10-28 17:40 | バタフライガーデン | Comments(4)

動物の扉

昨夜は、にちなん自然大学講座「しぜんへの扉」第二回講座「動物の扉」を開催いたしました。
講師は、宮崎大学副学長の岩本俊孝先生です。
先生は、今西錦司先生や川合雅夫先生と共に幸島のニホンザル、エチオピアのゲラダヒヒ、サウジアラビアのマントヒヒを中心とした霊長類生態学・動物生態学の研究をされた方です。幸島のサル(国の天然記念物)は、世界で初めて動物の文化的行動を報告しました。イモ洗い行動、麦粒選別行動、お頂戴行動、二足歩行行動などが、後天的に伝播、継承されることを実証したサル学発祥地です。ここのサルには60年間の戸籍(家系図)があって個体識別されています。これは世界で初めて試みだったそうです。興味深い話の中から・・・
・文化を生むのは大人ではなくて子ども。(やっぱり!)
・長子より末子のほうが順位が高い。(そうかも~)
・順位は家系が左右される。(ふむふむ)
・子孫の数は順位に関係がない。(意外!)
群れを離れた雄は別の群れに移動するが、幸島のサルは、「故郷に錦を飾る」らしく、海を泳いで島に帰って来るのだそうです。アッパレ!
昨日の講座には、中学生や高校生が10名ほど参加しました。いろいろ催し物をやって一番難しいのは、中高生を引き出すこと。誘っても釣れることはありません。今回の講座は、市内の中学高校に生物部や理科部がひとつもないので、その代わりを担う事を目的の一つに挙げています。講座に参加した生徒たちの表情を見ると、研究者の情熱に引き込まれて瞳が輝いています。学校の授業より面白そうです。受験前の高校生たちには、学びたいことを学ぶ世界が未来に広がっていることを伝えられた気がしています。
やはり、子どもたちの笑顔を見るのは最高ですね。



関係ないけれど、今年も庭にアサギマダラ第一号がやってきました。
今年は今までに3頭再捕獲。内、2頭は、自分のマーク蝶。(笑)
もう一頭は、いつもコメントくださるカトカラさんの陸奥からやってきました。001.gif

b0135573_7372438.jpg


by mmerian | 2012-10-27 08:50 | イベント | Comments(12)

貝拾い

所要の帰り道、ちょっとだけ寄り道して海辺に下りました。
すると、タカラガイがざくざく。
忙しいから少しだけだよ~と背中から声がするけれど、とうとう座り込んでしまいました。
アヤメダカラ、ハナマルユキ、ヤナギシボリダカラ、タルダカラ、ナツメモドキ、
オミナエシダカラ、コモンダカラ、クチムラサキダカラ、サメダカラ、カノコダカラ・・・
15種位拾えました。

b0135573_21151641.jpg

イモガイも並べます。
タガヤサンミナシ、マダライモ、コモンイモ・・

b0135573_2115401.jpg

大きなヤナギシボリイモとコダイコガイも拾いました。

b0135573_21154048.jpg

漂流物の季節は終わったけれど、
これからは貝殻拾いが楽しめる季節です。

b0135573_2116895.jpg


10月26日(金曜日)午後7時~日南市油津学びピア2Fで、にちなん自然大学講座第2回「動物の扉」を開催いたします。講師は、宮崎大学副学長の岩本俊夫先生です。幸島のサルと油津に侵入したオキナワキノボリトカゲの話を中心に、県南の動物の話をしていただきます。聞きたい方があれば、どうぞお越しください!

by mmerian | 2012-10-25 21:58 | | Comments(6)

300円で買う?

アゲハ幼虫の触覚比べにハマっています。
今宵は、まだ終齢になっていないナガサキアゲハ。
齢と共に、色が変化しているような気がしますが、どうでしょう?
ツートンカラーがキレイです。001.gif


b0135573_22471854.jpg


b0135573_22471427.jpg


b0135573_22474457.jpg




で、話変わって、これ、300円で買いました。
あなたならこの笛、買います?037.gif




b0135573_22481296.jpg


by mmerian | 2012-10-23 22:57 | Comments(8)

ヤママユガの卵

ヤママユガの卵を捜して、雑木林を歩き廻ったことがあるけれど、
まさか!自宅の家の中で卵を産むなんて!
玄関の床に29個の卵がついていました。005.gif
庭で羽化したヤママユの仕事です。

b0135573_6375181.jpg


このままだと踏んでしまいそうなので、撤去。
丁寧に産み固められた卵を
丁寧に剥がしました。
無精卵かもしれませんが、春に孵化するといいな。

b0135573_638442.jpg


庭には、久しぶりにキアゲハ飛来。

b0135573_6381197.jpg


ヤクルリの結婚式。
満開のフジバカマの周りは今日も賑やかです。

b0135573_6382051.jpg


by mmerian | 2012-10-23 06:46 | バタフライガーデン | Comments(0)

まめうさぎ

南郷大島の砂浜で、貝殻捜しをしました。
5分間で、これだけ拾えるなんてすご~い。

b0135573_8104789.jpg


他の場所ではあまり拾えないマメウサギがたくさんありました。
名前の通り1cmくらいの可愛い貝です。


b0135573_8115230.jpg

滅多に拾えないチドリダカラもゲット。
ちょっとの時間でずいぶん楽しめました。001.gif

b0135573_8122919.jpg


by mmerian | 2012-10-22 08:17 | | Comments(4)

アサギマダラマーキング会

宮崎昆虫同好会のアサギマダラマーキング会へ参加してきました。
今年は飛来が遅れているようですが、ぼちぼちやってきています。
Sさんがマーク蝶を採られました。
私たちのマークした蝶もどこかで再捕獲されますように。001.gif


b0135573_7253086.jpg

船に乗って15分で着く南郷町大島は、コシロノセンダングサがいっぱい。
アサギマダラはこの花に集まります。

b0135573_726298.jpg

迷蝶クロマダラソテツシジミもいましたよ。

b0135573_7274968.jpg

それに、火を噴いた龍ならぬウツボも発見。
ちょっとグロテスクですが・・・。

b0135573_7281777.jpg


by mmerian | 2012-10-22 07:33 | イベント | Comments(4)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー