<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


「珍奇な昆虫」

なんと!山口進さんからサイン入りで頂いた新刊本の「珍奇な昆虫」(光文社新書)
面白すぎて一気読みしました。
世界の辺境地へ分け入り奇妙な昆虫を追いかける山口さんの冒険心にドキドキしっぱなしの一冊です。
私も世界中へ飛び出し冒険したい!けれど、普通の主婦には絶対無理です~。
でも、冒険心さえあれば身近な場所で十分楽しめるのが昆虫世界。
のんびりまったりの日々でいいのだ。!想像力をかきたてる一冊、お勧めします!!

b0135573_20482422.jpg



さて、お次は話題のこの本へ突入。

b0135573_20484247.jpg


by mmerian | 2017-02-24 21:09 | 書籍 | Comments(0)

庭のクヌギ

先日伐ったクヌギの木。
本当にここから新芽が出てくるのかなー?
観察が楽しみになってきた。
待ち遠しい春!!
庭のイヌノフグリはやっと芽が出ました。
今年は発芽が遅いです。

b0135573_21572249.jpg




b0135573_21564869.jpg


by mmerian | 2017-02-23 22:01 | Comments(2)

コモウセンゴケ

真冬のコモウセンゴケは、異星人みたい。
想像力を掻き立てられる姿です。


b0135573_21511359.jpg


by mmerian | 2017-02-23 21:53 | 植物 | Comments(0)

イチョウウキゴケ

最近かなり数が減っているらしいイチョウウキゴケ。
庭で育てているけれど、突然消えたりします。なぜでしょう?
ぷくぷくのあぶくが付く姿が好きですが、真冬は見られません。
捜すコツは田んぼのへりにしゃがみ込むことかな。

b0135573_21465072.jpg


by mmerian | 2017-02-23 21:49 | | Comments(0)

湿原の昆虫

湿原の保全活動で、M先生から呼ばれて採集した昆虫2種。
種名が解ったら教えてください~。

①湿地のゴキブリ。
b0135573_20541085.jpg


②ヒサカキの根元、幹の内側に巣を作るアリ。
b0135573_20545014.jpg





帰り道、溜池へ行きましたが、
鴨ハンター注意報出てました。
可愛いウキゴケに癒され帰宅。(^^)/

b0135573_20553720.jpg


by mmerian | 2017-02-18 20:59 | Comments(0)

チャイロナガヒラタカメムシ?

薄暗い杉林の中の樹皮で眠る虫たち。
チャイロナガヒラタカメムシかな?

b0135573_23161257.jpg


by mmerian | 2017-02-17 23:19 | カメムシ | Comments(0)

クヌギの伐採

どんぐりから育てて15年、屋根より高くなったクヌギの木をとうとう伐採しました。
本当は伐りたくないけれど、住宅地に住んでいるので、落ち葉の量を考えると仕方ありません。
クヌギには、コゲラやホオジロなどの鳥や樹液に集まる昆虫など大勢のお客様がやってきて、ずいぶん楽しませてくれました。寂しいけれど、春が来て、また新しい芽がぐんぐん伸びる姿を楽しみます。


b0135573_22271036.jpg


今日は、気温が20℃を超えたので、タテハモドキもお引っ越しのようです。
選んだ場所は高さ20cmの流木の隙間です。
まだ高い場所で越冬するのは見たことがありません。

b0135573_222831100.jpg


by mmerian | 2017-02-17 22:36 | Comments(0)

ニホンオオヒキガエルの卵

カエルの楽園へ出かけたら、サルの楽園になっていました。
この時期、野生サルの数の多い事!
女性は威嚇されることもあるようなので、つい警戒してしまいます。
でも、なんとか水辺で卵を見つけました。
まだ産み始めで数が少ないです。

b0135573_22112312.jpg


by mmerian | 2017-02-12 22:15 | Comments(0)

冬は貝拾いへ。

海水温が下がって来たのか、ぴかぴかの打ち上げ貝が増えてきました。
冬は夏よりも貝拾いに適した季節かもしれません。
カノコダカラ、アヤメダカラ、好きな宝貝ですが、
水の中では夜空の星のように、太陽の光を浴びて輝くホシダカラの美しさには、惚れ惚れします。

b0135573_220673.jpg


by mmerian | 2017-02-12 22:03 | Comments(0)

温室の蝶

寒波到来でさむいよさむいよ、と亜熱帯園のぽかぽか温室へ逃げ込みました。
クロボシセセリの食痕や展示中のツマベニチョウの蛹をふ~んと思いながら歩いてゆくと、ナンバンサイカチにも食痕がたくさん!ウスキシロチョウの蛹殻がたくさんついていました。さてさて、台風でガラスが壊れた時の侵入か?人為的な発生か?蝶園ではないのに、外から忍び込んだのだとしたら愉快ですね。


b0135573_22245540.jpg


by mmerian | 2017-02-11 22:32 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28