宮崎植物研究会

今日は。博物館で行われた宮崎植物研究会の勉強会に参加しました。
初めての参加で解らないことばかりでしたが、大変勉強になりました。
皆さんで持ち寄ったスライドを見ながら情報交換や意見交換を行ったり、日本の植物の分布データや宮崎県の過去と現在の調査統計を比較、宮崎の植物とはどんな特徴があるのか、現在の状況、問題点など多彩な内容でした。

九州山地も多地域と同じく鹿の食害がかなり深刻なようで、たくさんの貴重種が絶滅の危機、もしくは絶滅状態にあります。世界遺産登録運動展開中の綾の照葉樹林も鹿の食害が進めばこのままではあと50年でクス林に代わるそうです。田んぼにしか生えない草は、秋に行われる土掻き作業(草が生えないように最近推奨されている作業)で危機的状態。ダムは今もどんどん建設され、工事でそのまわりの植物は切られ、水は濁っています。溜池の植物も池干し作業がなくなり危機的状態です。何年か前の過去データと比べても全体で30~50%種類の植物が劇的に減っています。

宮崎植物研究会では、これまで皆さんで情報を共有しながらともに学び、調査データをまとめてきていらっゃるので、その蓄積されたデータ内容は素晴らしいものです。今日は過去と現況をきちんとした数字で確認することができました。宮崎は全国でもかなり調査の進んでいる地域のようで、素人の私にも解りやすく現在の植物の状況が把握できます。

これからの活動も、10年スパンで先々まで見通し考慮されているので、充実した活動が展開されると思います。また、保全・保護活動は地元の住民の方の意識や経済まで奥深く考慮され計画されます。情報開放と保護政策は昆虫界より進んでいるような気がしました。重要生息地として地域の人を巻き込んだ保全活動をこれまでも数か所で展開しており、その成果も着実に実を結んでいるようです。

見つめて、考え、そして発信していくこと!
いつもフィールドに出て環境を熟知していらっしゃる皆さまの使命のひとつかもしれません
ささいなことでも、できることからやってみませんか?

一日中お勉強だったので、今日の一枚はこれです

ベランダのカンガエルくん
026.gif
b0135573_2023859.jpg


by mmerian | 2009-06-14 21:31 | 植物 | Comments(6)
Commented by itsuki at 2009-06-15 08:08 x
ムム・・・・・
 何やら難しい顔していらっしゃる・・・・・・
 何を思案中なのかな・・・?
Commented by カトカラおんつぁん at 2009-06-15 13:01 x
万物にみな神宿るという日の本にお住まいの方ならではの一枚ですね。これ見たら、カエルさんだって、物思いにふけっているのだと言うことを否定できませんよね。スターウォーズに出てくるキャラとダブります。なんて言いたいんでしょうねえ。翻訳お願いします。
Commented by Rhetenor at 2009-06-15 13:19 x
「綺麗に写してね!」って、手をスリスリしているのカモ?
どことなく、微笑んでいる様にみえます。

↓のキンヘリタマムシ、綺麗です。
私も出会ってみたいものです。
Commented by mmerian at 2009-06-15 20:10
itukiさん・・・
カエルさん、お尻も可愛かったんですよ
何を思案中なんでしょうね(^0^)
Commented by mmerian at 2009-06-15 20:12
カトカラおんつぁんさん、カンガエルくん
悟りの境地に入り込んでいるようで、煩悩の世界をさまよっているのでしょうか?
はたまた眠っているだけ?笑
Commented by mmerian at 2009-06-15 20:17
Rhetenorさん、じ~ぃっと佇むカンガエルくん
この後KY君につかまり庭に放されました
ベランダがお気に入りだったのかも知れないのにね!

キンヘリ、私もまた見たいです(^^)

line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31