庭のカバマダラ

今年で3年目になる庭のカバマダラのマーキング調査ですが、その年年で気候変動が違うように、我が家への飛来の様子も変化しています。夏に日南市にいらした福田晴夫先生が、「何故に」と疑問を持つこと、仮説を立てることの意義について語られましたが、庭でマーキングを行う度に、疑問も仮説もいよいよ増えています。まとめるのは大変なことですが、今年の記録も書いてみようか、と思います。

今日で、今年250頭目をマーク。
b0135573_2311821.jpg


b0135573_2313462.jpg


b0135573_2314832.jpg


by mmerian | 2010-11-24 23:19 | | Comments(6)
Commented by itsuki at 2010-11-24 23:21 x
アサギマダラのネットワークはあちこちにありますが
カバマダラのネットワークはいかがですか?

この際「カバマダラ・ネットワーク」を立ち上げたらいかがですか?
管理が大変ですよねぇ~~~(笑)
Commented by mmerian at 2010-11-24 23:34
itukiさん、通称「カバネット」を呼び掛けていて、地元で3人手伝ってくれています。カバマダラのマーキングはトウワタさえ植えれば自宅庭で出来るので容易に出来るので面白いと思っています。
もっと、広がらないかと期待しています(^0^)
Commented by itsuki at 2010-11-25 07:54 x
ああ~・・・・
 やはりあるんですね
 アサギのネットワークは良く利用していますが
 カバマダラにNWはまだ見たことが無いですね
 是非紹介してくださいね~~
Commented by K.M at 2010-11-25 19:28 x
仮説を立てて妄想するのは大好きです。
しかし、学術的に立証するのは大変な作業だと思います。
妄想の範囲でも、経験側に当てはめて、採集や発見につながれば、実学として、自己満足の範囲でも役立てば、ムフフですね。
Commented by mmerian at 2010-11-25 22:52
itukiさん、3人の友人とやっているだけでマイナーなネットです。笑
でも、結構楽しんでいまーす(^^)
Commented by mmerian at 2010-11-25 22:56
K.Mさん、妄想から学術的立証への過程は遠い道のりです。マーキングはかなり有効手段だと思うけれど、それでも難問だらけです。10年くらい続けたら、少しは見えるかもしれません。
いくつ仮説がたてられるかってことも重要ですね
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31