矢島稔先生

今日は、ずっとお会いしたかった矢島稔先生とお話することが出来ました。
80歳を超えてもとても若々しく、情熱を持った矢島先生は、素敵な方でした。
うちの息子が小さい時に聞いていた「夏休みラジオ子ども科学相談」は、
現在も毎年夏休みにになると放送されますが、
昔のように小学生が電話をかけてくることは少なくなったそうです。
幼稚園生の質問は、相手の理解度が低いので、意思の疎通が出来ず回答に困り、
実際に虫を触ったことのない子どもからの質問が増えていて、
子どもたちの自然離れをひしひしと感じていらっしゃるとのことです。
お話していて、先生は未来の子どもたちのために頑張っているんだな、と思いました。

下は、「宮崎大淀学習館」のチョウ園のN先生が飼育しているカラスアゲハの蛹です。
一般的に、昆虫館ではアゲハ蛹はころがしておくらしいのですが、
1つ1つ丁ぶら下げることで羽化率が高くなるようです。
N先生の丁寧なお仕事に、御覧になられた昆虫館の皆さん、感心されていました。

b0135573_22235070.jpg

真ん中に白い線が入った蛹は、越冬蛹になるとか。
私、全然知りませんでした!

b0135573_22242364.jpg

アゲハ羽化
b0135573_22245124.jpg

ヤクルリ産卵
b0135573_2225422.jpg

自然を相手に研究を重ねることって素敵だなぁ、と感じた一日でした。016.gif

矢島先生のお話をもうひとつ。
「モンシロチョウを10年間調べたけれど、宮崎の終見は12月31日で、初見は1月1日ですよね。」045.gif

by mmerian | 2011-09-30 23:05 | | Comments(5)
Commented by カトカラおんつぁん at 2011-10-01 11:56 x
矢島稔先生は、著作を買ったことがありますが、いまは群馬のほうで昆虫館の館長さんをされているんでしたっけ。子ども向けにもたくさん出版されていたように思っています。
直にお話をされる機会が持てて良かったですね。
私も親子昆虫教室でガイドなどを手伝っていますが、お子さんもですが、けっこうパパさんたちが興味をもって取り組むことが多いですね。
子どもの目にはかないません。嬉しそうな顔を見ると、疲れも吹っ飛びます。
Commented by mmerian at 2011-10-02 07:01 x
カトさま
ずっとお会いしたかったのでラッキーでした(^^)
今森さんは、お母さんや女の子も興味を持っていることが多いと言われます。
カトさまのような活動が大切だと思います。
これからも頑張ってくださね(^^)
近かったらお手伝いに行きたいです~。
Commented by tukikui at 2011-10-02 07:30
矢島先生はよく知らなかったのですが、昨日N先生からお話を伺えました。
宮崎市付近ではモンシロって、1月中旬から1ヶ月ぐらいは見ませんが、それってどういうのでしょうね。
Commented by mmerian at 2011-10-02 21:14
tukikuiさん
小学校の国語の教科書に「自然のかくし絵」が出てきますよ(^^)
N先生にお世話になりました。
モンシロは年周りでいろいろ違いますが、初見終見記録は、こうなりますよね。
Commented by そよ風ふく at 2011-10-04 18:55 x
調子にのって、クロアゲハを大量に飼育した時のことを思い出しました。
至るとこでさなぎになって、写真どこではなかった。(笑)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30