サトアリヅカコオロギ

「アリの巣の生きもの図鑑」を買ったので、早速アリの巣探検をしたところ、サトアリヅカコオロギ発見!
簡単に見つかりました。トビイロシワアリの巣にはクボタアリヅカコオロギもいるようですが、区別はつきにくいようです。黄色みが強いので、一応サト、ということにしておきます。大きさは2mm弱、小さいっ!

b0135573_1935513.jpg


石を持ち上げると、ナミハンミョウが越冬中。
4頭のうち3頭は死んでいました。

b0135573_19355120.jpg


数多く見つかるのは、卵を守るコブハサミムシのお母さん。


b0135573_19362375.jpg

すでに孵化した子どもたち。
石の裏側で寄りそっています。

b0135573_19361658.jpg


ヤシャブシの花が咲き始めています。
冬の虫捜しもラストシーズンですね。

b0135573_19364716.jpg


by mmerian | 2013-03-03 20:04 | バッタ類 | Comments(1)
Commented by tukik at 2013-03-08 18:27 x
アリヅカコオロギって、本で読んだ時はものすごく珍しい虫だと思っていましたが、庭の石をひっくり返すすと、同じく見たいとおもっていたナガコムシなんかといっしょに現れました。多分、そちらの豊かな庭にもいると思います。
それにしても、よく写真撮れましたね。ものすごくすばしこいですよね!
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31