クヌギハナカイメンフシ

庭のクヌギの木を見上げると、ふわふわのマシュマロがいっぱい!
調べてみると、「クヌギハナカイメンフシ」と呼ばれるタマバチの虫こぶのようです。
9月下旬に落下した虫えいの中で越冬したタマバチの♀が3月に出現して交尾を経ず産卵。
萌芽と同時に雄花に虫こぶが出現。

b0135573_2174622.jpg


5月下旬~6月上旬に虫えいからタマバチの♂、♀が羽化。
今度は交尾して7月中旬に虫えいが出現。
つまり、同じタマバチが2種類の虫こぶを作るのです。
名前も違って「クヌギハケタマフシ」。

落下した「クヌギハケタマフシ」
b0135573_2182740.jpg

「クヌギハケタマフシ」
b0135573_2184371.jpg


タマバチまでも名前まで変わるそうで、
前者はクヌギハナカイメンタマバチ、後者はクヌギハケタマバチと呼ぶそうです。
2つの名前を持つ虫がいるんですね~005.gif


「クヌギハナカイメンフシ」
b0135573_219767.jpg


by mmerian | 2013-03-18 21:18 | 昆虫 | Comments(1)
Commented by tukik at 2013-03-20 01:34 x
このピンク色の小さな玉見覚えがあります。敷き詰めたようになりますね。何の実だろうと思っていました。
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30