放射線量のこと。



ネットサーフィンをすると、放射線被害の深刻さを目のあたりにします。残念ながら、報道には流れず、隠蔽された国に住んでいることは確実です。食の被害の深刻さは、中国の食品となんら変わりません。私はいつも地元で採れる野菜を選んで食べていますが、加工食品、激安食品、外食産業、大手スーパーの食品等は安心できない状態です。何でもすぐに忘れてしまう日本人は、周囲に流されやすく、子育て中の若い人たちの中には、興味関心がないばかりか、なんにも気がついていない人がたくさんいます。津波の被害からは早く立ち直ることが出来たとしても、メルトダウンを起こした原発の被害はこれからずっと続くし、福島の原発は今もまだまだ放射能が漏れ続けているのが現状。国の計画では、秋に再稼働するらしいですが、本当にこれでいいのでしょうか?未来の子どもたちへ負の遺産は残したくないですよね。


写真は、クモの巣にかかったチャバネアオカメムシの卵。


b0135573_20585564.jpg


by mmerian | 2014-08-16 21:38 | カメムシ | Comments(2)
Commented by ふじねこ at 2014-08-18 10:26 x
以前、読んだ「もの食う人々」という本の事を思い出します。チェルノブイリの取材に行って、現地の人が出してくれたスープのお話。

食費を削るって、本当は怖い事だと思っています。らくちんで楽しくおいしいイメージの外食も原材料はメニューには載りませんし。
母の手作り。大変な日もあるけど、がんばって作っていきたいです。
Commented by mmerian at 2014-08-19 21:32
ふじねこさん、国産にかなりこだわっていた時もあったけれど、今は何が何だか分からない時代ですね。飽食の現代において賢く生きぬかなければと食育の本も沢山読みましたが、行きつくところは、地産地消で季節のモノを程よく食べることかなと思っています。
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31