アゲハ初見

午前中は雨でしたが、午後から日が差して春の陽気に誘われたのでGOGO!
今日は、アゲハ、スギタニルリシジミ、トラフシジミ、初見です。
b0135573_20455986.jpg
羽化したばかりの蝶たちの美しいこと!
幸せな気分になります。
杉林の下には、サツマイナモリの花が満開です。
b0135573_20472057.jpg
大好きな春の花、フデリンドウも落ち葉から顔を出していました。
b0135573_20454302.jpg
石の下でまだ越冬中のツチハンミョウ。
そろそろ動き出すことでしょう。

b0135573_20461894.jpg
動く、といえば、庭のサクランボの木で越冬中のカレハガの幼虫は、枝をあちこち動き回っています。
暖かい日は上の方に移動して、寒くなると下へ降りて枝にペタッと張り付いています。
小さな木なので、葉っぱを食い荒らされそうだけれど、繭になるまで見守ろうと思います。

b0135573_20464722.jpg
でも、サクランボは収穫したいです!!


# by mmerian | 2019-03-19 20:59 | | Comments(0)

エゾヨツメの卵

キブシの花が、とうとう膨らみ始めました。
冬の間、ずっと固い蕾のままなので、咲くのが待ち遠しい花です。
b0135573_07185801.jpg
飼育中のクロウスタビガは2齢に成長。
b0135573_07192552.jpg
いろいろ飼育中ですが、エサと一緒にやってきた副産物まで育てていて大変!
でも、羽化が楽しみです。
b0135573_07193966.jpg
エゾヨツメは赤くてつやつやの卵を産み続けています。
どなたか、いりませんか?
b0135573_07181673.jpg
エゾヨツメは、大人しいので写真が撮りやすいです。
ほら、こんなにかわいい顔です!
b0135573_07183742.jpg


# by mmerian | 2019-03-13 07:24 | Comments(0)

イギリスの旅の報告

今日は、宮崎植物研究会の総会でした。
午後から、研究発表会があったので、昨年イギリスで見て感じたことをお話しました。
テーマは3つに絞り、生垣文化、キューガーデンで学んだこと、日本にまつわるイギリス植物の話です。
私がイギリスで見た生垣(エッジ)、石垣(ウォール)、庭、公園は、動物や昆虫の住処であり、餌を提供してくれる共存ゾーンでした。
ミツバチやチョウを呼ぶ花、鳥の好きな赤い実、生垣のブラップベリー、野生のリンゴ、ブナやカシ等の木の実。
動物たちが暮らすのに困らない配慮をするとともに、自分の財産を守る役目も果たす生垣文化には学ぶことが多いです。
世界遺産の王立植物園キューガーデンズでは、ほとんど農薬を使用していません。
樹齢250年を超える樹木に圧倒されながら、それを維持できるシステムの素晴らしさについて考えました。
まず、王立ということで、環境保全に関する理念も予算もしっかり組み込まれています。
研究者の数も多く、キューディプロマという教育機関でプロのガーデナーを育成して管理を行います。
デザインと工夫と伝統が産んだ美しい景観は、子どもたちの教育の場として活用されます。
b0135573_22282964.jpg
b0135573_22301835.jpg
b0135573_22293534.jpg
なにげない風景の中に、ナチュラリストの国イギリスの知恵と伝統が垣間見えます。
イギリスでは、鳥や益虫がやってくる庭は脚光を浴びるそうです。
健全な生垣が増えると、日本も更に美しい国になると思います。







# by mmerian | 2019-03-10 23:02 | Comments(0)

エゾヨツメ羽化

海岸近くの原っぱで、マスミレが咲いていました。
日差しも暖かくて春爛漫!
b0135573_07261500.jpg
Fさんから頂いたエゾヨツメの蛹が羽化。
季節がずんずん動いています。

b0135573_07251122.jpg
翌日には、♀も羽化して交尾。
卵を産んだら育ててみようと思います。
b0135573_07244989.jpg
たくさん産まれたら、どうしよう・・・


# by mmerian | 2019-03-07 07:29 | Comments(0)

庭に来た!カレハガの幼虫

苔博士の庭からやってきたヒトリシズカが、今年も咲き始めました。
早春を知らせてくれる私の大好き花です。
b0135573_21575851.jpg
コモウセンゴケの花芽も立ち上がっています。
小さくひっそりと咲く花です。
b0135573_21573702.jpg
よく見ると、虫が1頭捕まってますね。わおう。

さて、昨日お知らせした「イモムシ超百科」では、チョウとガの幼虫が紹介されています。
その中の一つ、カレハガの幼虫を昨夜、庭のサクラで見つけました。
普段はペタっと枝にくっついて目立たないけれど、夜に歩き回っている様子です。
b0135573_21593666.jpg
カレハガの幼虫には毒があるので注意が必要です。
刺激すると毒針毛を出して威嚇するので、枝でツンツンしてみました。
でも、まだ越冬モードなのか、あまり反応なし。
繭作りが見たいので、観察しようと思います。
無事、羽化できますように!
b0135573_21581715.jpg


# by mmerian | 2019-03-04 22:10 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31