カテゴリ:未分類( 1182 )


ミカドアゲハ産卵

森はヤマフジの紫色の花で彩られる季節。
そんな中、山桜に巻き付いた花穂の長いフジの花を見つけました。
ヤマフジの多い森の中、フジは1カ所しかありません。
なぜなんだろう?
誰かが植えたのかしら?とつい考えてしまいます。
b0135573_19014858.jpg
ヘラノキの新芽には、たくさんのタケウチトゲアワフキ。
今年も発生期を迎えています。
b0135573_19012341.jpg
クヌギの林には、ハバチの幼虫の姿。
ここまでお尻を上げなくてもいいのにねー。
b0135573_19002896.jpg
庭のオガタマノキには今年もミカドアゲハが産卵にやってきました。
お母さんは丁寧に産卵する場所を捜します。
木の下のほうや新芽が隠れている場所を選んでいるようですが、
何度も産卵を繰り返すうちに、上のほうにも産んでいました。
幼虫は葉上に鎮座するので、鳥に食べられてしまうことが多いです。
成虫になる確率は低そうです。
b0135573_19005746.jpg


by mmerian | 2018-04-22 19:12 | Comments(0)

花日和

里山さんぽに行って次々と可愛い花に出会いました。
今日は花日和。嬉しい一日。

エビネ
b0135573_22064850.jpg
ギンリョウソウ
b0135573_22070176.jpg
キンラン
b0135573_22073249.jpg
レンゲ畑はミツバチ天国。
b0135573_22082417.jpg
山に囲まれた谷あいの里山。
人の手が生み出す豊かな環境がずっと守られますように、と願います。


さて、タブノキハマキホソガのその後です。
とうとうチマキは茶色に変色。
b0135573_22084318.jpg
よく見ると、小さなが脱出口の穴があります。
b0135573_22085659.jpg
ということは、落ち葉に移動して蛹になっているのでは?と捜しました。

b0135573_22091148.jpg
見つけました!
繊細な糸に守られた蛹なんでしょう。
織姫の仕事の仕上がりは美しいです。
絹のベットは気持ちよかろう(^O^)


by mmerian | 2018-04-21 22:18 | Comments(0)

ひとりじめの風景

仕事と仕事の合間に、時間を見つけて色々な場所を歩いています。
ぜんぶ、独り占めの風景!!!贅沢すぎる~(^O^)

長靴履いてじゃぼじゃぼ歩く。

b0135573_20363109.jpg
荒れ果てた神社を見守るのは お地蔵様。
落ち葉の積もる境内。
b0135573_20364867.jpg
苔むす散策道に人影はなく、
うっそうとした楡の林。
b0135573_20360688.jpg
身近に自然が溢れているって幸せなことですね!


by mmerian | 2018-04-19 20:38 | Comments(0)

ハランの花

ハランの花に興味を擁いたとたん頂けることになった美人の花。
いつもお世話になっている優しい植物仲間に感謝します。
b0135573_23061535.jpg
b0135573_23062617.jpg
花は匂いがしませんが、実は甘いにおいがするとのことで楽しみです。

b0135573_23063779.jpg
神戸大学の末次先生の研究論文のようにキノコバエが受粉するのか?
またひとつ観察の楽しみが増えました。

そうそう、昨日の続き。
タブノキホソハマキガの新しい穴は空いていません。(残念!)
食痕が茶色になってます。
もう少ししたら落ち葉に移動して蛹化するので、下に敷いておかなくちゃ。
時々揺れ動くチマキの中は、快適なんでしょうね。
b0135573_23111239.jpg




by mmerian | 2018-04-17 23:10 | Comments(0)

タブノキハマキホソガ物語

昨日拾ってきたタブノキハマキホソガ幼虫のちまきのような巣。
b0135573_07211592.jpg
あらら?
いくつか穴が開いているぞ!
b0135573_21373296.jpg
幼虫が巣を食べちゃって中が丸見え!
どうするんだろう・・・・・・・
b0135573_21380850.jpg
幼虫は、せっせと糸を紡いでいます。
せっせ・・・せっせ・・・

こっちでも。。。


b0135573_21382486.jpg
頑張っても完璧な修復は無理なんじゃない?
と思いましたが、見事なお仕事です。


修復その1
b0135573_21385940.jpg
修復その2
b0135573_21384570.jpg
侮ってすいません!
でも、また食べたら 穴が空くんじゃないのかな?
ほら、ここにも新しい穴が!
b0135573_21391300.jpg
というわけで目が離せないわたし。
面白いので、しばらく様子を見まーす。






by mmerian | 2018-04-16 21:50 | Comments(0)

タブノキハマキホソガ、イボタガの幼虫

ある公園の道路を歩くと、三角のちまきがいっぱい!
犯人はタブノキハマキホソガのようです。
足の踏み場もないくらい落ちていましたが、誰も気が付かないので踏まれてしまうでしょうね。
中には小さな幼虫が1頭ずついました。
b0135573_07211592.jpg
セイヨウイボタの葉っぱは食痕だらけ!
ど派手なイボタガの幼虫がたくさんいました。
こちらは、目立ちすぎで駆除されてしまいそう。
b0135573_07235610.jpg
目立ちすぎも目立たないのも、どっちも大変そうです。


by mmerian | 2018-04-16 07:26 | Comments(0)

平和台公園の植物観察会

一般参加者を募って行われた宮崎植物研究会の植物観察会へ参加してきました。
宮崎市平和台公園の中を2時間散策。
風があって寒かったのですが、新緑の中、気持ちの良い一日でした。
b0135573_06534014.jpg
b0135573_06540584.jpg
今日の目玉は、フジの花
ちょうど見頃です。
b0135573_06552408.jpg
それから、日本のラフレシア?ハランの花。
地面の落ち葉の下に咲いていました。
臭いがどうか、匂いを確認せず残念!

b0135573_06550976.jpg
平和台公園の森には、オオバヤドリギが多いということです。
森の茶色の部分は寄生しているオオバヤドリギ。
宿主木は大丈夫なのでしょうか。
b0135573_06541971.jpg
池は、ブラックバスやアメリカミシシッピーカメの天国。
実生の沼杉も生えて、ちょっとだけ異国かもですね。
b0135573_06543799.jpg
専門家の先生方と廻ると、いろいろなお話が聞けて勉強になります。
ちょっとだけ賢くなったような気持になりますね。錯覚?(^O^)


by mmerian | 2018-04-16 07:03 | Comments(0)

ハチジョウダカラ

ハチジョウダカラ。
かぐや姫が中納言磯の守に出した難題「つばくろのいだく子安貝」は本種であると言われています。
古くは安産や商売繁盛の護符として使われた貝。
どれだかわかりますよね?2個あります。(^O^)

b0135573_21130237.jpg




by mmerian | 2018-04-12 21:17 | Comments(0)

タヌキのたね

タヌキの種の芽が出たよ。
生育良好。
タヌキさんのおかげです。

b0135573_21093636.jpg


by mmerian | 2018-04-12 21:10 | Comments(0)

ヨモギの飛行場

加速して過ぎゆく春。
桜も梅も実が膨らんでいます。
野イチゴが赤くなるのも、もうすぐもうすぐ。
b0135573_20484047.jpg
ニホンミツバチの巣箱の周り。
忙しそうに飛び交う羽音が聞こえます。
ハチは、ランの花でおびき寄せます。
写真の缶ビールは、お供え物ではありませんよ。
b0135573_20490592.jpg
エノキに食痕があったので覗いてみると
テングチョウの幼虫がいました。
誰かに捕食されて数が減っている様子。
b0135573_20493745.jpg
ツマキチョウと遊ぼう。
b0135573_20510782.jpg
捜していた、ヨモギ飛行場でジェット機を待つ虫たちを見つけました。
ツチハンミョウの1齢幼虫です。
ここからハチに飛び乗るつもりなのでしょう。
b0135573_20503131.jpg
ふぅ、と息をかけると散らばります。
この中で上手く飛び立つことができるのはどこくらいの確率でしょうか。
ひょっとしたら、甘い匂いを出したりしておびき寄せるための技など持っているのかもしれませんね。

b0135573_20514303.jpg




by mmerian | 2018-04-11 21:09 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30