カテゴリ:未分類( 1259 )


湿原の保全活動

今日は、宮崎植物研究会の仲間と湿原の保全活動へ参加してきました。
人の手が入らないと維持できない湿原の草刈り作業で、いい汗かきました!
どんどん復元してゆく湿原の様を見るのは楽しみです。
ヘビノボラズの新芽に巻き付いたクサリゴケが可愛かった!
b0135573_22372252.jpg
湿原の復活とともに、生き物の姿も増えました。
珍しく植物ではなくて、魚やイモリ、ヤゴ、水生昆虫の復活に喜ぶ仲間たち!
自然環境が蘇るって、こういうことなんだなぁ、とつくづく感じました。

タイコウチがやってきた!

b0135573_22381325.jpg
サナエのヤゴかな。。
b0135573_22383314.jpg
エビも増えています

b0135573_22375384.jpg
まだ公開されていない場所ですが、皆さんの努力で確実に湿原の植物が蘇りつつあります。
微力ですが、これからも見守り続けていきたいと思います。
帰り道、キノコ博士Kさんが見つけたエノキダケ。
人間の食卓に上がるキノコとは別物ではないですか!!
キノコも、ありのままの姿を望んでいるのかも知れませんね。

b0135573_22370871.jpg
キクラゲと一緒に、夕飯のチャンポンの食材で頂きました。
ごちそううさま~♬


by mmerian | 2019-02-16 22:53 | Comments(0)

フキノトウの花

いつもの林道を歩くと、いつの間にかフキノトウの花が咲いていました。
海岸線の山桜もぽつぽつ咲き始めているようですし、スミレの花もちらほら。
今年は春が早くやってくる気配がします。
ウグイスも「ホーホケキョ」と早くも初鳴きを聞きました。

b0135573_00480359.jpg
越冬中の虫たちは、まだじっとしています。
ハナガカシの葉の上にいたムラサキツバメ

b0135573_00473736.jpg
よくよく見ると、凄い寝相ですねー。
足を広げて、体の柔らかいこと!
なんだか、ほほえましいです!
ツンツンしたくなるけれど、がまんがまん。

b0135573_00474433.jpg
しかし、もっとよく見ると、足でちゃんと体を固定させているんですね。
なるほど~!

アカシマサシガメは樹皮の下で仲良く越冬中

b0135573_00484125.jpg
最近気になる地衣類。
コレは、マルゴケの仲間だと思います。
美しい色に惹かれます。
b0135573_00475263.jpg



by mmerian | 2019-02-11 00:57 | Comments(0)

北郷町のミステリーサークル

何の変哲もない普通の風景。。。
でも、よく目を凝らすと、何か見えませんか?
b0135573_20541381.jpg

b0135573_20524731.jpg
話題のミステリーサークル、拝んできました。!(^^)!


by mmerian | 2019-02-04 20:55 | Comments(0)

飫肥城の石垣

所要のついでに、飫肥城の石垣巡り。
石垣は、苔も地衣類もシダも、植物たちがざわめきあって暮らす場所。
美しい色彩のコントラストに魅せられて、石にへばりつく私。
不審者かも?
b0135573_08492860.jpg
ジンガサゴケ
b0135573_08464406.jpg
春の息吹 フタバゼニゴケ
b0135573_08460860.jpg
色ずくサクラの葉

b0135573_08455083.jpg
ちいさな生き物たち
ダニでしょうか?
b0135573_08455881.jpg
センダンの巨木には、ヒモミノガのミノがぶらさっがていました。
いつも見かける蓑より、太くて短いので、種類が違うのでしょうね。
b0135573_08461984.jpg


by mmerian | 2019-02-04 08:57 | Comments(0)

冬の植物観察会

A先生の植物教室へ参加しました。
いつものようにワイワイガヤガヤおしゃべりしながら、里山の冬の植物を観察。
道脇には、秋の生き残りと、春の花がちらほらと季節外れの花を咲かせていました。
b0135573_08215682.jpg
冬の植物は、葉っぱも普段の様子と変わっています。
b0135573_08214059.jpg
梅の木を見上げると、チャミノガの空蓑がわんさか!
b0135573_08221946.jpg
切られた木には、おチビちゃんたちが這い上がって来たのか、
寄り添っていました。
b0135573_08224387.jpg
遠回りした帰り道、雰囲気の良いクヌギ林を発見。
道脇には、ノシランの青い実がずっと垂れ下がっていました。

b0135573_08211416.jpg
田んぼの中を覗き込むと、
春が待ち遠しい、という気持ちになりますね。



by mmerian | 2019-02-02 08:29 | Comments(0)

越冬幼虫

近場をウロウロしてきました。
オオミノガのミノがぶらさっがっているクヌギ林を発見。
去年の観察場所はいなくなったけれど、毎年葉の落ちた林で見ることができます。

b0135573_23414896.jpg
サツマイナモリ
ぽつぽつ咲いています。

b0135573_23410673.jpg

モミジに地衣類と蘚苔類の花!
裏が黄色いのでキウラゲジゲジゴケ&ヤスデゴケの仲間。

b0135573_23413225.jpg
スイカズラの食べていたのは、キリガの仲間の幼虫かな?

b0135573_23411788.jpg
そして、ネコ幼虫、ヒメキマダラセセリ。
とてもかわいらしい幼虫です。

b0135573_23404672.jpg


by mmerian | 2019-01-30 23:49 | Comments(2)

地衣類観察会3日目

地衣類調査3日目。
少しだけ種名が分かるようになりましたが、難易度高い!
ジュニアマイスターへの道はまだまだ遠いです。

今日は、宮崎市平和台へ。
よくよく見ると、八紘一字の塔にはモエギトリハダゴケがいっぱい。
地衣類が付いている場所は、水の流れや、鳥の止まる場所と関係が深いようです。
b0135573_20134674.jpg
ちょっとわかりにくい写真ですね・・・

今日のお気に入りの地衣類
ヒメザクロゴケ
b0135573_20151237.jpg
マメゴケ
b0135573_20142231.jpg
チョウチンゴケ
(蘚苔類です。。。)

b0135573_20155098.jpg
桜にはお決まりのヨコズナサシガメが越冬中でした。
b0135573_20135830.jpg
これは、ウメノキゴケの1年生、2年生、3年生。
成長には時間がかかって、1年で数ミリだそうです。
そう考えると、がんばれ~と応援したくなりますね。

b0135573_20164687.jpg
今回のヤマモト先生の地衣類観察会には、長崎県、熊本県、鹿児島県からも参加がありました。
ネットワークがどんどん広がってきています。
みなさま、3日間お疲れさまでした!次回も楽しみです。


by mmerian | 2019-01-27 20:28 | Comments(0)

地衣類調査会

ジュニアマイスターを目指して、地衣類ネットワークのヤマモト先生の地衣類観察会へ参加。
(詳しいことが知りたい方は、ゲッチョ先生の「となりの地衣類」参照。)
今度で何度目だったか?忘れたけれど、マイスターへの道は遠くてなかなか覚えられません。
海岸の岩には、鮮やかな地衣類がついていました。
イソダイダイゴケ
b0135573_08141912.jpg
その他、ちょっとレア種

アカゾメサネゴケ
b0135573_08162894.jpg
フクレヘラゴケ
b0135573_08145745.jpg
アシカゴケ
b0135573_08152636.jpg
モリアガリゴケで盛り上がりました!
b0135573_08154562.jpg
アコウの木の下
b0135573_08164523.jpg
地面から生えたオオタニワタリでは、
地面から20cmくらいのところでムラサキツバメが越冬中ででした。
こんなに低い場所にも越冬するんですね。
b0135573_08144020.jpg
私のお気に入りは、ホシダイゴケかな。
b0135573_08143140.jpg


by mmerian | 2019-01-26 08:25 | Comments(0)

タケのカビ菌

なんだなんだ、これって?
というわけで、FBで尋ねてみると、カビ菌の夏の胞子堆が膨らむときに、
水分がササを持ち上げてササクレを作り、そこにカビ菌が発生しているのだそうです。
自然の中は不思議だらけ。
面白いっす!


b0135573_17425515.jpg




by mmerian | 2019-01-24 20:37 | Comments(0)

越冬と赤い実

ロンドンへ旅した時に、どの家の庭にも赤い実の生る木が植えられているのに気づきました。
自然を愛する国なので、鳥を庭に呼ぶための植物として植えられているのだと思います。
あれから、赤い実を見ると、庭に1本植えたくなっています。
狭い庭なので、樹形が良くて小ぶりの木と思いますが、迷ってしまいます。
日本のアオキがヨーロッパでもてはやされた話は有名なこと。
こちらでは、わざわざ庭に植えなくても、山を歩けば出会える植物ですね。
b0135573_17431335.jpg
冬は、センリョウの赤い実も目立つ季節。
近づいたら、実をついばんでいた鳥が飛び立ちました。
b0135573_17421563.jpg
枝で、越冬中のハエトリグモの仲間。
上手く隠れていますね。
b0135573_17423647.jpg
ヒメアリは石の下。
一緒にいるのは誰だろう?
b0135573_17411835.jpg
女王アリでした。。。
オオカマキリの卵は、鳥によく食べられて地面に落ちています。
もう少し、低いところに産めばいいのに、木の上のほうにも産んでいます。
b0135573_17415035.jpg


by mmerian | 2019-01-23 17:55 | Comments(2)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28