カテゴリ:書籍( 67 )


宮崎県昆虫目録2020

県別目録  九州では初!

宮崎県の昆虫類 7,200種を超える種を網羅した

今坂 正一 監修    岩崎 郁雄 編

「宮崎県昆虫目録 2020」

9月上旬に刊行されます。
只今、予約受付中です。

宮崎県昆虫目録2020_b0135573_19201740.jpg
宮崎県昆虫目録2020_b0135573_19202379.jpg
私も、お手伝いさせていただきました。('ω')ノ


by mmerian | 2020-08-13 19:25 | 書籍 | Comments(0)

「チョウが語る自然史」

楽しみにしていた福田晴夫先生の新刊本「チョウが語る自然史」(南方新書)が届きました。
まだ読んでいませんが、前書きを読むと「昔の自然」から「今の自然」そして未来へ続くメッセージが込められているようです。
時間をかけてゆっくりと学ばせていただく心構えで読んでみようと思う1冊です。


「チョウが語る自然史」_b0135573_20232597.jpg
表紙の写真、すごい!


by mmerian | 2020-02-13 20:30 | 書籍 | Comments(0)

「サナギのひみつ」

「えー!サナギって、中身全部ドロドロにとけてるの?」
サナギ誕生の裏には、隠された5億4000万年にもわたる壮大なドラマがあった!
三輪一雄さんの力作「サナギのひみつ」(ポプラ社)
ワクワクする一冊、いよいよ発売です!
是非是非、手に取って読んでみてください。
「サナギのひみつ」_b0135573_20064265.jpg
今回、写真のお手伝いをさせていただきました。!(^^)!


by mmerian | 2018-06-03 20:12 | 書籍 | Comments(0)

ベネシアのハーブ便り

眠れない夜はあるようで。。。
コクトー作「恐るべき子供たち」を読んだら眼が覚めてしまいました。
そのあと、パールバックの「大地」を読んだら面白すぎて眠られない。(4時まで。。。)
で、今日のお勧め本は、「ベネシアのハーブ便り」です。
お料理からティーはもちろん、シャンプーやせっけん、虫よけハーブの作り方が載っています。ハーブ教室に通うと、エッセンスやオイルを使った作り方が紹介されますが、私は自分の庭で育てた植物にこだわりたいのです。感化されて植えたハーブは20種。レモンタイム、タイム、ラベンダー、フェンネル、ディル、チャイブ、ペパーミント、オレンジミント、ペニーロイヤルミント、レモンバーム、マリーゴールド、チャイブ、セージ、サントリナ、ナスタチウム、アロエベラ、スウィートマジョラム、コリアンダー、バジル、カモミール。まだ他に、7種植える予定です。苗は広がらないように植木鉢に植えたり、地植えもしました。もっと広いお庭が欲しいです。

ベネシアのハーブ便り_b0135573_07054784.jpg


by mmerian | 2017-04-11 07:17 | 書籍 | Comments(0)

「ゴリラは戦わない」

タンザニア、キリマンジャロ州ルカニ村のコーヒーを飲みながら、「ゴリラは戦わない」(山極壽一、小菅正夫共著、中公新書)を完読。人間が忘れてしまった人生観をゴリラから学べる一冊です。動物園の園長VS野生動物研究者の対談は、動物園のあり方から自然保護の観点まで広く語られます。山極さんの話の中に、今西錦司さんの提唱した「縮尺の法則」がありました。「人間以外の動物を見ながら、縮尺を広げたり、縮尺を縮めたりして、自然、あるいは人間を眺める訓練をせえ。」これは、常日頃、私が肌で感じている感覚です。誰もがこういう感覚を持ち合わせると、無理しない生き方が出来るのではないのでしょうか?お勧めの一冊です。
「ゴリラは戦わない」_b0135573_19543542.jpg


by mmerian | 2017-04-01 20:18 | 書籍 | Comments(0)

「珍奇な昆虫」

なんと!山口進さんからサイン入りで頂いた新刊本の「珍奇な昆虫」(光文社新書)
面白すぎて一気読みしました。
世界の辺境地へ分け入り奇妙な昆虫を追いかける山口さんの冒険心にドキドキしっぱなしの一冊です。
私も世界中へ飛び出し冒険したい!けれど、普通の主婦には絶対無理です~。
でも、冒険心さえあれば身近な場所で十分楽しめるのが昆虫世界。
のんびりまったりの日々でいいのだ。!想像力をかきたてる一冊、お勧めします!!

「珍奇な昆虫」_b0135573_20482422.jpg



さて、お次は話題のこの本へ突入。

「珍奇な昆虫」_b0135573_20484247.jpg


by mmerian | 2017-02-24 21:09 | 書籍 | Comments(0)

虫のしわざ観察ガイドブック

待ちに待った新開孝さんの「虫のしわざ観察ガイドブック」が届きました。
盛り沢山の内容で、知らないことがたくさん載っていて面白すぎる本です。
観察する楽しみがじんじん伝わります。
現在、アマゾン昆虫の本部門一位のお勧め本で~す♡

虫のしわざ観察ガイドブック_b0135573_21212761.jpg



by mmerian | 2016-02-02 21:22 | 書籍 | Comments(0)

「宮崎のきのこ」

待ちに待っていた新刊本「宮崎のきのこ」黒木秀一著(みやざき文庫/鉱脈社)を一気読みしました。写真も文も大変素晴らしく、黒木さんの奥深い知識や宮崎の豊かな照葉樹林の自然と生活文化を感じられる良書です。火口ときのこ、蚊火ときのこ、養蜂ときのこ、松林のきのこ等々盛りだくさんの内容です。宮崎って面白い!!
この秋、一押しのお勧め本です。
「宮崎のきのこ」_b0135573_06371923.jpg
ちなみに、表紙右上のイカタケちゃんは我が家の庭で発生しました。
本文に出てくるイカタケの楽園を作りたい知人とは、私のことです(笑)(笑)(^^ゞ


by mmerian | 2015-09-26 06:39 | 書籍 | Comments(1)

ゲッチョ先生の「テントウムシの島めぐり」

ゲッチョ先生の新刊本が届きました。「テントウムシの島めぐり」
ちょうどオオテントウについて調べているので、私にとってはタイムリーな一冊です。
宮崎のオオテントウ紀行の話も出てきて大変面白い本です。
是非、読んでみてくださいね!

ゲッチョ先生の「テントウムシの島めぐり」_b0135573_23452945.jpg


さてさて、てんとうむしマイブーム到来だ♪
と、いつもの竹林を覗いてみたら、オオテントウがすでに卵を産んでいました。
オオテントウの観察には、藪蚊対策が必須。かゆかゆ~い。


ゲッチョ先生の「テントウムシの島めぐり」_b0135573_23454440.jpg


by mmerian | 2015-08-15 23:52 | 書籍 | Comments(0)

太陽の花

横塚眞己人さんの新刊絵本「太陽の花」が届きました。
西表島の不思議な花、オオハマボウに集まるいろいろな生き物の中に存在する命の繋がりを感じる本です。
日南にいらした時に撮影されたハマボウの花も載っています。(えへへ、実は、私の名前も!笑)
是非、手に取って読んでください!
太陽の花_b0135573_21364108.jpg


by mmerian | 2015-03-25 21:41 | 書籍 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30