<   2018年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


緑色が好きなミカドアゲハ

久しぶりに海へGO!
まだ東風は強くありませんが、ぼちぼち漂着物も流れ着ています。
クワガタムシを拾ったよ。

b0135573_07181189.jpg
サメの卵かな。


タコノマクラ、久しぶりの完品。
b0135573_07182326.jpg
砂浜は強風が吹いていましたが、そこへミカドアゲハが飛んできました。
ミカドアゲハは、風が強いので岩陰に隠れたいようです。
ところが、止まる場所は全部緑色のもの。
b0135573_07175560.jpg
b0135573_07183632.jpg
なるほど。緑色が好きなんですね~。
普段は緑色の草木に囲まれているので全然気が付きませんでした。


by mmerian | 2018-04-27 07:24 | Comments(0)

日向夏の受粉者

蜜柑の花の香りに包まれる季節がやってきました!
日向夏も花をいっぱい咲せていています。
ちょっと覗いてみると、
ポリネーターの虫の姿があちこちに。
主役はミツバチかと思いきや、そんなに数は来ていません。
一番目立つのは、コアオハナムグリでした。
花粉つきすぎてかって悪くない?
b0135573_06254525.jpg
そういう写真を撮る私も、気が付けば花粉まみれ。
可笑しくなってしまいます。
蜜柑の木の中を飛び回るこの子も、甘い香りに誘われたのかな?

b0135573_06255468.jpg



by mmerian | 2018-04-27 06:31 | Comments(0)

誰だっけ?

ガラスに映る あたしを見つめる。

b0135573_21263185.jpg
車のフロントガラスに止まった子、誰だっけ?

悪人面のこの子も、誰だっけ?

b0135573_21291840.jpg
写真、ちょっとボケてます・・・

答えは、アカイラガ、ヒメツチハンミョウ


by mmerian | 2018-04-25 21:27 | Comments(0)

シブイロカヤキリモドキはセミの声

山々に響き渡るセミの声。
とうとう夏が来たぞ!と思ったのだけれど、
ハルゼミでもニイニイゼミでもないし・・・
虫のお師匠様に尋ねてみると、
シブイロカヤキリモドキの鳴き声らしい。
直翅類とはびっくり!!セミの声そっくりだよ。
b0135573_20465318.jpg


by mmerian | 2018-04-23 20:48 | Comments(0)

ミカドアゲハ産卵

森はヤマフジの紫色の花で彩られる季節。
そんな中、山桜に巻き付いた花穂の長いフジの花を見つけました。
ヤマフジの多い森の中、フジは1カ所しかありません。
なぜなんだろう?
誰かが植えたのかしら?とつい考えてしまいます。
b0135573_19014858.jpg
ヘラノキの新芽には、たくさんのタケウチトゲアワフキ。
今年も発生期を迎えています。
b0135573_19012341.jpg
クヌギの林には、ハバチの幼虫の姿。
ここまでお尻を上げなくてもいいのにねー。
b0135573_19002896.jpg
庭のオガタマノキには今年もミカドアゲハが産卵にやってきました。
お母さんは丁寧に産卵する場所を捜します。
木の下のほうや新芽が隠れている場所を選んでいるようですが、
何度も産卵を繰り返すうちに、上のほうにも産んでいました。
幼虫は葉上に鎮座するので、鳥に食べられてしまうことが多いです。
成虫になる確率は低そうです。
b0135573_19005746.jpg


by mmerian | 2018-04-22 19:12 | Comments(0)

花日和

里山さんぽに行って次々と可愛い花に出会いました。
今日は花日和。嬉しい一日。

エビネ
b0135573_22064850.jpg
ギンリョウソウ
b0135573_22070176.jpg
キンラン
b0135573_22073249.jpg
レンゲ畑はミツバチ天国。
b0135573_22082417.jpg
山に囲まれた谷あいの里山。
人の手が生み出す豊かな環境がずっと守られますように、と願います。


さて、タブノキハマキホソガのその後です。
とうとうチマキは茶色に変色。
b0135573_22084318.jpg
よく見ると、小さなが脱出口の穴があります。
b0135573_22085659.jpg
ということは、落ち葉に移動して蛹になっているのでは?と捜しました。

b0135573_22091148.jpg
見つけました!
繊細な糸に守られた蛹なんでしょう。
織姫の仕事の仕上がりは美しいです。
絹のベットは気持ちよかろう(^O^)


by mmerian | 2018-04-21 22:18 | Comments(0)

ひとりじめの風景

仕事と仕事の合間に、時間を見つけて色々な場所を歩いています。
ぜんぶ、独り占めの風景!!!贅沢すぎる~(^O^)

長靴履いてじゃぼじゃぼ歩く。

b0135573_20363109.jpg
荒れ果てた神社を見守るのは お地蔵様。
落ち葉の積もる境内。
b0135573_20364867.jpg
苔むす散策道に人影はなく、
うっそうとした楡の林。
b0135573_20360688.jpg
身近に自然が溢れているって幸せなことですね!


by mmerian | 2018-04-19 20:38 | Comments(0)

風車



庭のクレマチスが咲いたので(^O^)
b0135573_21130107.jpg
カザグルマに会いに行こう!と思いたち車を走らせました。
森と人々に守られた花。
木陰でひっそりと 艶やかに。
b0135573_21132519.jpg
b0135573_21090363.jpg
花びらの裏も素敵!
b0135573_21092832.jpg
野生の花は楚々として美しいですね。
もう1種、狙った花は終わっていたので来年再チャレンジです。
カザグルマの花、出会えてよかった!


今日のタブノキハマキホソガは、
チマキの下に蛹化する場所になる落ち葉を敷きました。
チマキは茶色になって枯れ始めたもの、青々としたものがあります。
中はどうなっているのか気になりますが、経過観察続行です。
b0135573_21134817.jpg




by mmerian | 2018-04-18 21:22 | 植物 | Comments(0)

ハランの花

ハランの花に興味を擁いたとたん頂けることになった美人の花。
いつもお世話になっている優しい植物仲間に感謝します。
b0135573_23061535.jpg
b0135573_23062617.jpg
花は匂いがしませんが、実は甘いにおいがするとのことで楽しみです。

b0135573_23063779.jpg
神戸大学の末次先生の研究論文のようにキノコバエが受粉するのか?
またひとつ観察の楽しみが増えました。

そうそう、昨日の続き。
タブノキホソハマキガの新しい穴は空いていません。(残念!)
食痕が茶色になってます。
もう少ししたら落ち葉に移動して蛹化するので、下に敷いておかなくちゃ。
時々揺れ動くチマキの中は、快適なんでしょうね。
b0135573_23111239.jpg




by mmerian | 2018-04-17 23:10 | Comments(0)

タブノキハマキホソガ物語

昨日拾ってきたタブノキハマキホソガ幼虫のちまきのような巣。
b0135573_07211592.jpg
あらら?
いくつか穴が開いているぞ!
b0135573_21373296.jpg
幼虫が巣を食べちゃって中が丸見え!
どうするんだろう・・・・・・・
b0135573_21380850.jpg
幼虫は、せっせと糸を紡いでいます。
せっせ・・・せっせ・・・

こっちでも。。。


b0135573_21382486.jpg
頑張っても完璧な修復は無理なんじゃない?
と思いましたが、見事なお仕事です。


修復その1
b0135573_21385940.jpg
修復その2
b0135573_21384570.jpg
侮ってすいません!
でも、また食べたら 穴が空くんじゃないのかな?
ほら、ここにも新しい穴が!
b0135573_21391300.jpg
というわけで目が離せないわたし。
面白いので、しばらく様子を見まーす。






by mmerian | 2018-04-16 21:50 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31