エナシラッシタケ

ビロウの葉っぱを分解するキノコ、エナシラッシタケ。
前回のリベンジで、また撮影に行ってきました。
青島のビロウの森は、小銀河、天の川の世界。
エナシラッシタケは小さなキノコですが、発光力はかなりのものです。
その様子は明後日のUMKスーパーニュースで放映予定です。
偶然にも、私の姿も出るはずなのでご覧ください。
(見てもわからないかもしれませんが、光るキノコの中で、写真を撮っている人です)
※夜の青島神社境内には入れませんのであしからず。

エナシラッシタケ
b0135573_00150201.jpg
b0135573_00151627.jpg
気がつけば、3時間しゃがみこんでいました。
楽しい時間はあっという間に過ぎますね。


# by mmerian | 2018-06-27 00:23 | Comments(0)

庭で遊ぶ

昨日は、鹿児島をこよなく愛す東川隆太郎さんの「西郷どん」の話を聞きに行ってきました。
しっかりした史実をもとに語る西郷どんの逸話と大河ドラマの裏話、大変面白かったです。
もともとは土木農業が専門だった西郷どんは農業の論文も書いているそうで、世が世なら研究者になったのかもしれません。
大河ドラマ、後半は約2か月滞在した宮崎も舞台になりますよ。楽しみ♬



今日のお庭。
久しぶりに雨が上がって心地よい日曜日です。
タヌキのたね、生育中。
b0135573_00503624.jpg
鹿の盆栽(鹿に丸かじりされたツツジ)
カッコよく育つかな。
b0135573_00514218.jpg
ボタンクサギの花にはモンキアゲハ飛来。
綺麗だけれど、どんどん広がるので要注意植物です。
b0135573_00505906.jpg
種保存のため植えているヒュウガタイゲキの花
株数が増えてきました。
b0135573_00520208.jpg
クヌギの力自慢、ヒメクロオトシブミのお母さん。
仕上げは葉っぱを落とすこと。
b0135573_00522810.jpg
キオビエダシャク
こんな形で初見です。
b0135573_00513071.jpg


# by mmerian | 2018-06-25 01:08 | Comments(0)

シンジュサンの繭作り

シンジュサンの繭作り。
丁寧に糸を紡ぎながら、体をくねらせて形つくり。
楯皺があるのは、下に引っ張っている証拠。
全身を伸ばして力をこめます。

PM11時

b0135573_06132778.jpg

葉っぱの付け根は特に重要。
落っこちないようにしっかり紡ぎます。
b0135573_06130381.jpg
一晩、徹夜仕事で今このくらい繭が完成。

AM5時半
b0135573_06131681.jpg
お仕事、まだまだ続きますね~。がんばれ。


# by mmerian | 2018-06-23 06:17 | Comments(1)

クヌギ林の住人

毎年この時期、梅雨の晴れ間にクヌギ林を散策すると虫の子供たちに出会えます。
タツノオトシゴのようなウコンカギバの幼虫。
b0135573_21494100.jpg
新芽のようなクロスジアオシャク?の幼虫。
b0135573_21495820.jpg
顔をそり上げるネスジシャチホコの幼虫
b0135573_21501337.jpg
正面から見ると怖いのかも~と思ったらこんな顔でした。
b0135573_21502436.jpg
威嚇しているのかしら?

部屋の中では、飼育中のシンジュサンの幼虫が繭になるための安住の場所を捜しています。
葉っぱの付け根に糸を吐いているので、どうやらここが気にいたみたい。
b0135573_21504769.jpg
梅雨時期は、幼虫が育ちやすい季節なんでしょうか?

b0135573_22012516.jpg


# by mmerian | 2018-06-22 22:00 | Comments(0)

ヤエンオニグモ

庭を歩く時、気を付けないとすぐ蜘蛛の巣にひっかってしまいます。
犯人は、コガネグモとヤエンオニグモさん。
蜘蛛の巣をプチンと切るのですが、次の日にはまだ元通りに巣を張ります。
蜘蛛の私の知恵比べ、どっちの勝ち?

ヤエンオニグモ
b0135573_22265637.jpg



# by mmerian | 2018-06-21 22:32 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31