日向夏の受粉者

蜜柑の花の香りに包まれる季節がやってきました!
日向夏も花をいっぱい咲せていています。
ちょっと覗いてみると、
ポリネーターの虫の姿があちこちに。
主役はミツバチかと思いきや、そんなに数は来ていません。
一番目立つのは、コアオハナムグリでした。
花粉つきすぎてかって悪くない?
b0135573_06254525.jpg
そういう写真を撮る私も、気が付けば花粉まみれ。
可笑しくなってしまいます。
蜜柑の木の中を飛び回るこの子も、甘い香りに誘われたのかな?

b0135573_06255468.jpg



# by mmerian | 2018-04-27 06:31 | Comments(0)

誰だっけ?

ガラスに映る あたしを見つめる。

b0135573_21263185.jpg
車のフロントガラスに止まった子、誰だっけ?

悪人面のこの子も、誰だっけ?

b0135573_21291840.jpg
写真、ちょっとボケてます・・・

答えは、アカイラガ、ヒメツチハンミョウ


# by mmerian | 2018-04-25 21:27 | Comments(0)

シブイロカヤキリモドキはセミの声

山々に響き渡るセミの声。
とうとう夏が来たぞ!と思ったのだけれど、
ハルゼミでもニイニイゼミでもないし・・・
虫のお師匠様に尋ねてみると、
シブイロカヤキリモドキの鳴き声らしい。
直翅類とはびっくり!!セミの声そっくりだよ。
b0135573_20465318.jpg


# by mmerian | 2018-04-23 20:48 | Comments(0)

ミカドアゲハ産卵

森はヤマフジの紫色の花で彩られる季節。
そんな中、山桜に巻き付いた花穂の長いフジの花を見つけました。
ヤマフジの多い森の中、フジは1カ所しかありません。
なぜなんだろう?
誰かが植えたのかしら?とつい考えてしまいます。
b0135573_19014858.jpg
ヘラノキの新芽には、たくさんのタケウチトゲアワフキ。
今年も発生期を迎えています。
b0135573_19012341.jpg
クヌギの林には、ハバチの幼虫の姿。
ここまでお尻を上げなくてもいいのにねー。
b0135573_19002896.jpg
庭のオガタマノキには今年もミカドアゲハが産卵にやってきました。
お母さんは丁寧に産卵する場所を捜します。
木の下のほうや新芽が隠れている場所を選んでいるようですが、
何度も産卵を繰り返すうちに、上のほうにも産んでいました。
幼虫は葉上に鎮座するので、鳥に食べられてしまうことが多いです。
成虫になる確率は低そうです。
b0135573_19005746.jpg


# by mmerian | 2018-04-22 19:12 | Comments(0)

花日和

里山さんぽに行って次々と可愛い花に出会いました。
今日は花日和。嬉しい一日。

エビネ
b0135573_22064850.jpg
ギンリョウソウ
b0135573_22070176.jpg
キンラン
b0135573_22073249.jpg
レンゲ畑はミツバチ天国。
b0135573_22082417.jpg
山に囲まれた谷あいの里山。
人の手が生み出す豊かな環境がずっと守られますように、と願います。


さて、タブノキハマキホソガのその後です。
とうとうチマキは茶色に変色。
b0135573_22084318.jpg
よく見ると、小さなが脱出口の穴があります。
b0135573_22085659.jpg
ということは、落ち葉に移動して蛹になっているのでは?と捜しました。

b0135573_22091148.jpg
見つけました!
繊細な糸に守られた蛹なんでしょう。
織姫の仕事の仕上がりは美しいです。
絹のベットは気持ちよかろう(^O^)


# by mmerian | 2018-04-21 22:18 | Comments(0)
line

南国・宮崎の蝶を中心とした、のんびりmamaブログです。


by mmerian
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31